Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で車の運転に最適な場所とは?|初心者が練習できる場所

地方から東京に引っ越してきた人の場合、地方では車を運転していた人が多いかもしれませんが、東京は駐車場が高すぎる為、車を持ってくるのは断念して実家に置いてきたり売却したりなど、最初の頃は東京で車なしで過ごすことも普通です。

また、東京で免許を取得した人は、最初から世界的にもても最も交通量が多くて、大変複雑な道路で構成されている東京都内の道路を運転しないといけません。

簡単そうに見えて、東京都内の道路を安全かつ間違えないように運転するのは初心者の方であれば、結構大変な重労働なのです。

スポンサードリンク




しばらく車を全く運転していないペーパードライバーな人、車の免許を新規で取得して運転に慣れていない人が、いきなり複雑な都内の道路を運転するのは大変危険な状態になることが多い為、正直言ってお勧めできません。

特にMT車の車の場合は、都内は驚くほど坂道が多くて渋滞も多いですから、買い物の際に駐車場施設に入っていく行為さえ大変危険な状態になることすら普通にあります。

 

初心者は買い物に行くのすら不安になるのが東京の運転。

 

例えば、ヨドバシアキバの駐車場にペーパードライバーが一人で車の運転をして入っていくと、駐車するのにさえ他の車にぶつけそうになってしまいますし、出入り口で壁や縁石にぶつけてしまう人も沢山いるのは、現場の傷跡をみれば一目瞭然です。

AT車でありカーナビなどが完備された車であっても、都心部を運転するのはやはり危険になる状況が多く、道を間違えたり、一方通行に入って行ってしまったりなど、致命的なトラブルに発展することもあります。

都内は一方通行の道路が結構ありますし、標識も見にくいこともありますし、カーナビを使っていても、どのレーンを走れば良いのか分からなかったり、分かったとしても大混雑をしていてそのレーンに車線変更できないことも普通にあるのです。

こんな感じですから、都内の道路を運転するのは、完全なペーパードライバーでは危険ですので、どこか安心して運転できるような場所で、基本的な車の運転の練習をした方が良い訳ですね。

レーンやルートについては、何度もそこを運転して慣れていくしかありませんし、最新のカーナビを参考にして、それと合わせて走行しておくのも良いのですが、基本的な車の運転技術だけは、実際にどこかで練習をしないといけません。

地方でしたら、その辺の国道であっても、交通量自体が殆どないとか、夜間であれば車自体が全く走っていないなどで、自宅から買い物に行くだけでも練習になることが多いのですが、東京はそうはいかないことの方が多いのです。

試しに、初心者の方が六本木や渋谷、東京駅付近に車を運転して行けば分かりますけど、多分、途中でもう帰りたいと思ってしまう状態になることもあるでしょう。

 

初心者が東京都内で安心して運転の練習ができる場所。

スポンサードリンク




 

ペーパードライバーの方や、長期間車を運転していない方が、都内で車の運転をしたいと思ったら、なるべく道路が広くて安心できるような場所を選ぶことになります。

当然、住宅地や一方通行のある場所、首都高速道路などは除外していくことになりますから、そうなると、やはり湾岸地域の比較的新しい道路辺りが一番練習には向いているという事になります。

早い話が、江東区の若洲辺りであれば、裏道のような場所に入ると交通量も少なくて、運転の練習には最適ですし、若洲からお台場辺りをグルグル周回するようなルートを選べば、初心者の方でも特に難しいルートはありませんので、こちらも練習には向いています。

若洲近辺は道路も広くて、路側帯も広いですから、何かあればその辺に停車して対応する事ができますし、若洲ゲートブリッジを周回するルートも交通量も少なくて見晴らしも良く、特に初心者の方に問題になるような要因もありません。

ただ、若洲お台場周回ルートというのは、警察が速度違反の取締を重点的にやっている場所でもあり、初心者の方でも簡単に運転できるくらいの長い直線ルートで信号すら殆どありませんので、皆さん速度違反をしている方がたくさんいます。

制限速度は60キロなのですが、だいたい80キロから120キロくらいで走行している車が多い感じですから、警察に捕まったら一発で免停の罰金になるパターンです。

白バイも、若洲ルートを走れば速度違反をしている車が沢山いるため、点数稼ぎには最適ですから、頻繁に警察に捕まっている速度違反車が多いのです。

そのため、初心者ですから速度の感覚があまりない方も多いでしょうから、速度メーターは必ず確認しながら、最大でも60キロを超えないように左車線を走行すると良いでしょう。

右側の車線を走っていると、後ろの車が相当煽ってくる事が多いですから、必ず左側を法定速度で走る事をお勧めしますし、左車線を法定速度で走っていて、過剰な煽り行為を受けた場合は、その場で110番すれば、すぐに警察がやってきますので、安心です。

 

東京フェリー埠頭は工事後には初心者には優しくなくなった?

 

以前であれば、初心者が運転の練習をする場所といえば、東京ビッグサイト近くの、東京フェリー埠頭だったのですが、ここ最近で工事がされてしまって、車線が一車線になってしまいました。

大型のコンテナ車の駐車違反が圧倒的に多いですし、余計な信号まで追加されてしまっているため、初心者の方には優しくなくなっているかもしれませんが、教習所のコースを運転していると思えば、それほど難しくはないかもしれません。

フェリー乗り場あたりには、車を置いて釣りをしている人も沢山いますから、その辺りで練習をしてもいいですし、フェリー埠頭の中でグルグル回ってもいいかもしれませんが、必ず法定速度で運転しておかないと、暴走してくる大型コンテナ車や他に練習に来ている車も多いですから、そちらには注意してください。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年7月29日 — 6:37 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme