Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

低予算で音漏れに強い物件を契約する方法|東京のレアなマンション

東京で新しく生活を始める事になった際に、東京での生活の何を一番重視するのかといえば、新しい住居を決める事を重要な要素として認識されている人も多いのではないでしょうか?

出来れば、六本木ヒルズレジデンスCや虎ノ門ヒルズの様な高級マンションに住みたいと思う人が殆どでしょうけど、残念ながら家賃が一般向けではありませんので、誰でも住める様なマンションではありません。

例えば、六本木ヒルズレジデンスCの場合で言えば、ラトゥール新宿のように、完全な防音室が用意されているお部屋はありませんが、作りそのものが全体的にしっかりしている為、限度はありますが、楽器が演奏できるくらい防音性能は高いものになっています。

スポンサードリンク




以下、公式サイトから引用

ラトゥール新宿 2LDK 家賃36万円〜

http://www.latour-shinjuku.jp/plan_h80w.html

img_h80w

 

それとは正反対に、音漏れがひどいマンションの代表格でもあるレオパレスには出来れば住みたいと思う人は殆どいないのではないでしょうか?

ただし、現実的には六本木ヒルズレジデンスCは元より、ラトゥール新宿ですら家賃は40万円前後はする訳ですから、仕方なくレオパレスを選んでしまって、入居した後に極度の音漏れに悩まされてしまう人も多い訳です。

東京の事をよく知らないから、支払い可能限界金額に設定されている物件と立地条件を選んでいると、仕方なくレオパレスを選ばざる終えないとか、物件を探す時間が数週間しか無い地方の方も多く、よくわからないけど、東京で生活を始めないといけない人も多いはずです。

このような問題というのは、事前に答えを知っていれば、誰でも簡単に分かる事ですから、家賃が安くて防音性能が高い物件を選ぶ方法を知っていれば、間違えてレオパレスを選んでしまう事もありません。

また、レオパレスは実際にはそれほど家賃が安いわけではありませんし、逆に他の周辺の物件よりも割高になってしまう事すらありますから、個人的にはあまりお勧めはできない物件になります。

スポンサードリンク




音漏れの酷さは折り紙付きであり、地方から上京してきた若い女性の方であれば、トイレの音すら漏れるし、クシャミをしても音が漏れる環境にいると、そのままノイローゼになってしまう人も少なくないのです。

 

東京で音漏れに強くて安いマンションを選ぶ方法

 

お金さえあれば、東京ではそれは地方では考えられないような豪華な物件をよりどりみどりで選ぶ事が出来るのですが、そうなるのは東京で成功してからの話です。

最初は、誰しもワンルームのボロいマンションからスタートするわけですから、条件は殆どの人が同じであり、その中で知っている人だけが有利な条件に立てるような状態なのは、どこに行っても同じ話です。

では、東京で家賃が安くて音漏れに強い物件を選ぶにはどうするのかといえば、とても簡単で、低層の古い鉄筋のマンションを選べば良いだけの話になります。

品川駅の近くなどでも、ちょっと走れば古い鉄筋のマンションは沢山ありますし、家賃も6万円以下の物件も多いのですが、安くても古いマンションというのは壁や天井が厚みがありしっかり作られていることが多いのです。

最近では、高額なタワーマンションであっても乾式の壁が採用されていることが殆どであり、隣の部屋とはその壁一枚で仕切られているような感じなのですが、古い低層マンションの壁は、本当に分厚くて頑丈な場合が多いです。

レオパレスのようにベニヤ板で仕切られているのでは?と感じるようなマンションを選ぶくらいなら、立地もよくて、古めで低層のマンションを探してそちらを選んだほうが良いでしょう。

ただし、古い物件ですから、音漏れには強いのですが、それ以外の設備も全体的に古いことが多く、ごみ捨て場などでは若干苦労したりするかもしれません。

水道管などもそれは古い状態になっているでしょうから、なるべく高性能な浄水器をつけている人も多いですし、低層で古いマンションは日当たりもあまりよくないこともありますが、それを差し置いても音漏れに強くて家賃が安いことは強みになっているようです。

探せば結構沢山ありますし、見た目がカッコ悪くても、古くて低層の2階建てくらいのマンションであれば、音漏れの心配からはかなり解放されて、その状態で仕事を成功させれば、ラトゥール新宿や六本木ヒルズレジデンスCに引っ越せるかもしれませんね。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年7月30日 — 8:09 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme