Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

女性にお勧めの安心物件は品川Vタワー|家賃20万円以上がネック?

東京に限らず、日本というのは世界的に見ても治安がとても良いため、夜間であっても女性が一人で歩けたり、子供が一人でも歩いて自宅まで帰る事ができるような海外の人が見れば驚くような安心感があります。

子供の場合は塾などで夜遅くまで外に出かけていて、塾が終わると一人で自転車に乗って自宅まで帰る事になるのですが、それが普通に実現できるというのは世界でも本当に珍しい事なのです。

海外などでしたら、子供が夜間に一人で歩いていると普通に誘拐されてしまうような国もありますし、大人の男性であっても金品を強奪されてしまうような状況になる事も、日常茶飯な国もそれなりにあります。

スポンサードリンク




そのように、本来は大変治安が良い日本なのですが、最近は色々と物騒な事件があり、かつてのように安心して子供や女性が一人で歩けるような状態ではなくりつつある傾向にあります。

 

安全な日本であっても東京の痴漢やストーカーなどの迷惑行為はトップクラス

 

東京の場合は、地方とは異なりそこまで凶悪な事件はそれほどなくても、痴漢やストーカーのような被害が多発していて、大変物騒になっていますので、女性の場合は通勤や通学をする際にも家から会社、家から学校までの移動中は心配してしまう状態になるかもしれません。

東京の痴漢発生率は世界的に見てもトップクラスであり、それによるつきまといやストーカー行為、それがさらにエスカレートして、暴行や金銭の略奪などに発展する場合もありますので、自宅にいる間、自宅から目的の場所に移動する間のリスク管理をしたほうが良い時代になっている訳ですね。

そうなると、居住場所として選択するマンションが大変重要になりますので、出来るだけ安心できて利便性の良い物件を選ぶほうが良い事になります。

都内の豪華住宅のようん一戸建てで、自宅のセキュリティが高くて移動中は運転手付きの車で移動するような、大企業の会社の経営者のような生活は普通の人には実現できませんので、マンションのみが前提になります。

その際にお勧めになるのが品川駅直結のタワーマンション「品川Vタワー」になります。

 

品川Vタワーを女性にお勧めする理由

 

港区港南にある品川Vタワーを女性にお勧めする理由というのは、ダントツで日常の移動の際の安全性が確保されている事が要因になります。

立地が都心部ですから、どこに行くにしても移動が楽であるという事もあります。

マンション名が品川Vタワーとなっていますが、こちらに住民票を移す場合は、住所は港区港南ですので、品川区民ではなくて港区民になります。

品川Vタワーの何が良いのかといえば、品川駅に直結しているマンションですので、品川駅の改札を出ると、そのまま自宅まで歩いて駅のスカイウォークを歩いて帰宅する事ができますので、痴漢や変な人に付きまとわれる事もありません。

品川駅は駅ナカのお店が沢山できていますから、そちらで食事をしたり、スターバックスでコヒーを飲んでくつろぐ事もできます。

ただし、品川駅に直結といっても、駅の改札からは相当離れていますので、事実上は駅直結ではなくて、駅のすぐ近くのマンションという実態があるのですが、それでも駅のスカイウォークを歩いて自宅まで移動できるのは大変便利です。

この品川駅のスカイウォークは土日以外は大変人が多いため、何かあった場合でもすぐに対応する事ができますし、品川駅でおかしな人が出る事はほとんどありません。

スポンサードリンク




また、スカイウォークを含めて品川駅と直結している部分は監視カメラが沢山付いていますから、何かあった場合でも他の駅よりも安心感があります。

品川駅の特徴としては、たまに、ミラーマンのような痴漢が警察に逮捕されているくらいであり、刃物を振り回したり人に暴力を振るうような、新宿駅や池袋駅のような凶悪な事件も殆ど発生しません。

女性の場合は、会社や学校から夜間に帰宅している際に、痴漢やストーカー、暴漢などに襲われることが殆どですから、そのリスクが一気に解放される物件を選ばない理由のほうが見つからないといった感じです。

他にも駅直結物件というマンションも東京にはあるのですが、新幹線が停車する品川駅よりも利便性がよい駅は他には東京駅くらいしかありませんし、東京駅直結のマンションはありません。

また、東京駅直結のマンションがあったとしても、あのあたりで日常の生活をするのは大変不便ですから、オフィス街としてのみ今後も発展していくのではないでしょうか?

それを考えると、自宅から目的場所への移動中のリスクを殆どなくすることが出来る品川Vタワーは女性にお勧めの物件であると言えます。

 

 

品川Vタワーのネックは家賃が最低20万円以上である事?

 

品川駅直結で、駅の改札から最も安全な品川駅のスカイウォークを歩いて自宅まで帰宅する事ができる比較的新しいマンションですから、当然ですが家賃もそれなりに必要になります。

最上階は別格としても、一般向けの部屋であっても最低家賃は20万円から40万円くらいの費用が毎月必要になるため、その金額を安定して支払える人でなければ、いくら利便性がよいからといっても警約する事は出来ません。

ただし、その支払いができる人であれば、一般庶民が支払える限度額である20万円前後で日常の安心感を購入する事ができますし、新幹線を利用する際でも気軽に歩いて移動できますので、大変便利な物件であると言えます。

余裕がある人は、品川Vタワーを検討してみて、余裕がない人は品川Vタワーを検討できるように仕事を頑張ってみるとよいかもしれません。

 

品川Vタワーの中古分譲を購入する場合は3LDKで1億円くらいが相場

 

ちなみに、分譲で購入する場合は6000万円から1億円前後で中古販売されていますが、間取りを見ると一般庶民向けの団地のような間取りばかりですので、広さを考えると相当割高になります。

品川Vタワーの場合、最上階だけは別格の高級仕様になっていて、豪華内廊下仕様で二階建てのメゾネット住宅ですから、それ以外の住宅とは全く別物の富裕層向けの物件だと思ってください。

最上階以外は外廊下の庶民的な作りになっていますが、最上階だけは全く違います。

品川Vタワーの最上階部分はラトゥール汐留のような作りになっています。

普通の人に品川Vタワーの最上階を購入する事は出来ないと思いますので、あくまで、独身時代の一人暮らし用の物件として20万円前後の部屋を検討しておき、お子さんができた場合は静かな住宅街にある低層マンションなどを再検討してもよいかもしれません。

 

以下、リハウスさんより引用

品川Vタワー 中古分譲物件 

http://www.rehouse.co.jp/toshin/bkdetail/FKCS7A03/

3LDK 77平米 9680万円

BF15KC0020_1507311958


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年8月10日 — 1:57 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme