Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で働くサラリーマンの限界家賃は20万円|UR賃貸がお勧め

東京で生活をする際に最も気になってしまうのが恐らくは家賃であり、車を持っている人であれば更に駐車場代も気になるところではないでしょうか?

地方で生活をする人と東京で生活をする人で、最もコストの違いが現れるのは住宅の維持にかかる費用であり、その他の費用に関しては、物資もサービスも豊富な実際には東京の方が安いくらいです。

都内には自然は殆ど無いとはいえ、車があれば片道2時間も移動すると自然豊富な関東の色々な場所に移動できますし、公共の移送手段も発達していて、色々と便利な施設も沢山ある東京ですから、可能であるなら一度は住んでおいた方が良い場所です。

スポンサードリンク




これから東京に引っ越したいと思っている方は、東京での家賃と駐車場代だけを考えておけば、その他は地方と同等かそれ以下のコストで生活ができますので、いくらくらいの家賃のマンションが相場なのかを知っておくと便利です。

 

東京の家賃は貧富の差が日本一激しい場所です。

 

東京のマンションの家賃といっても、下は2万円くらいから始まり、上は500万円を超えているような物件がありますので、相当な差がある事は誰にでもわかります。

ただ、一般的な学生さんが居住する狭いワンルームのマンションであれば、家賃と共益費を合わせて5万円後半から6万円前後であり、駐車場代については3万円前後が多くなります。

また、家族連れて生活をするような場合は、2LDK、3LDKなどの物件になる事が多いですから、その場合は家賃10万円から20万円前後といったところでしょうか?

一般的に、普通の家庭を持つ人が生活するマンションであれば、3LDKもあれば十分であり、広さで言えば、70平米前後もあれば何の問題もなく生活をする事ができます。

それ以上の4LDKや5LDKなどのマンションになると、東京の一般向けの物件ではまずありませんので、富裕層向けのペントハウスなどの物件のみになり、家賃も100万円以上が当たり前の世界になります。

 

一人暮らしなら6万円、家族連れなら20万円を限界家賃に設定

 

よって、一人暮らしならワンルームで6万円前後、家族連れなら3LDKで10万円から20万円前後が相場になり、もうちょっと高級感がある一般向けのマンションなら家賃30万円前後くらいでしょうか?

家賃30万円というのは、一人暮らしのワンルームから、家族連れの3LDKの物件すべてを含む金額であり、東京では間取りに関係なく色々や家賃の物件があると思ってください。

例えば、東京ミッドタウンであれば、信じられないかもしれませんが、ワンルームで45万円くらいの家賃です。

スポンサードリンク




それ以上の高額な家賃のマンションになると、明らかに一般向けではありませんし、普通の人が毎月安定して支払える家賃ではなくなりますので、日本企業の一般的なサラリーマンの家庭であれば、これくらいの価格帯が20万円が限界になります。

出来れば、家賃は10万円前後に抑えたいところですが、東京都心ではそれだとワンルームの家賃になりますので、3LDKで10万円を望む場合は、千葉県か埼玉県を選択肢に入れる必要があります。

神奈川県は家賃高めな物件が多いので、東京都殆ど変わりませんから、それなら勤務先が神奈川県でない限りは東京を選んでおいた方が良いですね。

20万円でも年間通すと240万円の家賃になりますから、年収でいえば500万円以上は無いとかなり厳しい条件ですので、会社に負担してもらえる場合を除き、やはりこれくらいが限界と言えますね。

 

家賃が6万円から20万円の物件を探す際には最初にUR賃貸で検討を!

 

家賃が6万円から20万円前後で、ワンルームから3LDKまで扱っている不動産業者を東京で探す場合は、断然UR賃貸がお勧めになります。

他の不動産屋と違って、URは独自に管理している物件を扱っているため、仲介などではなくて、自社物件(URは独立行政法人)のみを東京やその近辺から探し出す事ができます。

そのため、東京の会社で働く場合は、家賃や希望に合わせて、東京、埼玉、千葉、神奈川にある、大量のUR物件から適切な物件を選べますので、他の不動産よりも圧倒的に物件量が多いのです。

また、家賃も3万円から35万円までの物件を扱っているため、一人暮らしから家族連れまで、殆どのニーズに対応できます。

ただし、比較的新しいタワーマンションなども多数ありますが、それでも一般庶民向けの家賃35万円以下の物件しか扱っていませんので、200万円前後の予算でマンションを契約したい方は、最初から森ビルさんに相談に行った方が無難です。

UR賃貸は、敷金のみあればよくて、礼金や手数料などは一切かかりませんし、保証人も必要ありませんので、無職の人でも誰でもお金さえあれば契約できる事が最大のメリットなのですが、逆に言えば、暴力団でも普通に契約できてしまうデメリットもあります。

ただ、適切な物件を選べば、民間のマンションよりも民度が高い物件も多いですから、無料の内覧で気になる物件を調べてみるのも良いかもしれませんね。

ぜひ、UR賃貸を検討してから、希望に沿ったものがなければ、民間の不動産屋に相談に行くようにしておくと便利です。

家賃6万円以下の防音効果の高いワンルームの掘り出し物は、基本的には民間のローカルな不動産屋でしか扱っていませんので、その場合は民間で個人経営の不動産屋を積極的にあたってください。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年8月21日 — 2:44 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme