Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

一人暮らしをする前に実家に生活費を収めてみよう

一人暮らしがしたいと思っても、ある程度の収入がなければ家賃が払えませんし、これまで一人暮らしをしたことがない人であれば、一体いくらくらいの費用が必要になるのか分からなくて困っている状態にある人も多いかもしれません。

実際に一人暮らしをしようと思った場合、極論で言えば年収70万円でも東京圏にて生活することは可能ですから、それ以上の年収が安定してあるのであれば、正直言って一人暮らしは全く問題ありません。

当然、生活に見合っていないような高額なタワーマンションに住みたいなどは論外ですが、予算に見合った物件を選択するのであれば、東京圏で問題がないのですから日本じゅうどこでも問題がないということになります。

スポンサードリンク




 

一人暮らしがしたければ、日本国内ならどこでも実現することが可能。

 

早い話が、一人暮らしをしたいと思った場合、単純に行動するかしないかだけの話になる訳ですから、一人暮らしがしたくてもできないと言っている人は、ただ行動力が全くないだけの人です。

もし、実家にお住いの社会人の方で、今後、少しでも一人暮らしがしたいと感じた場合は、3ヶ月単位でスケジュールと段取りを組んで、いつ一人暮らしを始めるのか?、いついて検討していくと良いでしょう。

そこで問題になるのが、一人暮らしをする場合は絶対に必要になる、年収の話になります。

実家でご家族と暮らしている場合は、社会人であれば本来は家賃分とか食事の分の代金を家に収めないといけないのですけど、それすらしていない人の場合は、一人暮らしをする前に若干考え方の修正をされた方が無難です。

地方の場合で、実家で生活をしている社会人と良いのは驚くほど実家にお金を入れていない人が多く、その状態で一人暮らしを始めるのは流石に無理があるのです。

スポンサードリンク




 

実家で生活をする社会人と学生の根本的な違い。

 

学生時代でしたら、両親が扶養する義務があるため、実家で無料で生活をして無料で食事をしても全く問題がないのですけど、社会人になって収入がある場合で実家で生活をしているのであれば、最低限度は自宅に生活費を入れるべきです。

これができていない人が、自分の力だけで独立して一人暮らしができるのか?といえば、そうそう容易にはできないのではないでしょうか?

恐らくは一人暮らしをしているように見えても、ご両親の名義を借りて、最悪は家賃などの生活費までご両親に出していただくこといなるかもしれません。

どれくらいの収入があるかによるのですけど、高額所得者に分類される程、実家で生活はしていないでしょうから、一般的な地方で働く人の収入が月収15万から30万円の範囲とすれば、毎月の生活費として30000円前後は実家に収めるべきです。

 

実家に毎月30000円前後の生活費を収めれない人が一人暮らしは出来ない?

 

一般的な一人暮らしに掛かる費用よりも、はるかに少ないお金を実家に収めるのが勿体ないと感じるようであれば、全くの他人から住居スペースを借り受けて、それに対して毎月対価を支払うこと自体が難しいはずです。

一人暮らしを始める前に、先ずは実家にお金を毎月入れることから始めてみて、それが続けれるようでしたら、次は一人暮らしの準備をされていくと良いでしょう。

実家に生活費を収めることによって、一人暮らしを始めるきっかけになりますし、親族間で生活にゆとりができたり、信頼関係が発生したりしますから、それをすることにより一人暮らしを始める際に、多大なるメリットが発生することにもつながります。

一人暮らしをする際の保証人には誰がなってくれるのかをよく考えてみましょう。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年10月30日 — 5:04 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme