Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

UR賃貸での面倒な隣人トラブルを解決する簡単な方法|公団住宅

日常の生活をしていると、誰でも遭遇する可能性があるのが、ご近所トラブルの問題であり、こちらについては自分たちがいくらルールを守った正しい生活をしていても、そんなことなどお構い無しの人が隣人にいれば全く意味がありません。

よって、生活トラブルというのは交通事故の信号無視とか追突事故、センターラインはみ出し事故である100対0の事案のように、他人の都合で発生する運要素がかなり高いトラブルの一つになります。

当然、大音量で夜間の時間帯にテレビを見るとか、ベランダでバーベキューをするとか、自分たちの行動に問題がある場合は、それがトラブルの原因になることがありますから、常に他人に迷惑をかけないように生活をしないといけません。

スポンサードリンク




そこで、自分たちに全く落ち度が無い場合に、隣人や同じ建物の住民とトラブルが発生した場合は、どのように解決すれば良いのでしょうか?

この問題は、実はかなり難しい問題であり、身元が分かっている相手に対して強く言えないこともありますし、注意をしてすぐに納得する相手なら、最初から迷惑行為自体をしないといった話になります。

 

今回は、UR賃貸での隣人トラブルについての簡単な解決方法です。

 

UR賃貸でトラブルが発生した場合、最初にするべきことはあまり当てにならない管理事務所に相談をすることから始まります。

実際に、不動産業界自体が結構適当なところが多くて、民間でも当てにならない管理会社は結構多いのですが、UR賃貸の場合は更に管理事務所が適当な運営をされている物件が多いようです。

基本的には税金で多額の赤字を出している団体ですから、民間ほどシビアな人事が行われていないことくらいは、容易に想像がつきます。

運良く、UR賃貸でまともに運営されている管理事務所だった場合は、結構真剣な対応をしてくれますので、それで騒音問題程度でしたら、なんとか解決する場合があります。

 

騒音問題なら簡単に解決しても、違法なペット飼育の問題の解決は難しい。

 

管理事務所が全く何もしない場合は、それ以上説明しても意味が無いので、次の方法で解決することになりますし、違法なペット飼育の場合は注意しても殆どの相手が辞めることがありません。

ペット禁止のUR賃貸でも堂々と、大きな犬をエントランスから出している人や、チワワのようあん小さい犬ならカバンにしまって出し入れをしている人が沢山いますし、管理事務所にそれを指摘したり注意しても改善することは殆どありません。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


本来は、UR賃貸側がペットの違法飼育をしている相手がわかれば、契約違反を前提に損害賠償請求などをするべきなのですが、いつものパターンは建物内にペットを飼育してはいけませんのビラを貼って終わりです。

UR賃貸自体、周辺の物件よりも高額であることが多い為、犬や猫くらい飼育しても当然といった感覚である人も多くて、その数も相当数に上る為、UR賃貸も対応ができないのかもしれませんが、本来は管理側が対応するべき問題です。

犬とか猫のアレルギーを持っている人もいるわけですし、犬とか猫の飼育が禁止されているからその物件を選んでいる人も多いわけですからね。

では、犬とか猫の違法飼育をしてる問題、管理事務所に何度注意をしても全く解決しない騒音問題とかイタズラの問題の場合はどうすれば良いのでしょうか?

UR賃貸独特な解決方法がありますので、そちらで解決をするとスムーズな対応をすることが可能です。

 

UR賃貸の場合でトラブルが発生した場合は引っ越すのが一番早い。

 

民間との根本的な違いとして、UR賃貸の場合はお金さえあれば誰でも契約することができる為、無職の人や怪しい職業の人でもどの物件でも契約することが可能です。

ですから、民間ではありえないトラブルも多数発生するのですけど、その場合は最初から引越しをすれば問題ありません。

通常は、引越しをすると相当な費用がかかりますし、敷金は帰ってこないしで、なかなか決断ができないことが多いのですが、UR賃貸の場合は引っ越す際に殆どの敷金が戻ってきます。

その為、隣人などと何かしらのトラブルが発生した際には、速やかに引越しをする方が無駄な時間を使ったり、余計にトラブルが悪化して最悪の状態になることを防ぐことができるのです。

UR賃貸の場合は、引越しの際に敷金の殆どが戻ってくる仕組みの為、トラブルがなくても同じ建物の別の部屋に引っ越す人が沢山いますから、気軽に引越しができる唯一のマンションと言えますね。

また、同じ建物内で引越しをする場合は、友人やご家族などで建物内で荷物を運べば、引越し費用が殆どかかりませんから、お得です。

最初の時点で、これは面倒でこれ以上関わらない方が良いと判断したトラブルの場合は、UR賃貸でしたら、速やかに引越しをして、次にそのトラブルが発生している部屋の住民に全てを託して、ご自分は別のフロアに移動した方がトータル的にお得になります。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年11月6日 — 1:32 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme