Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で正社員として働く理由|タワーマンションに住みたい

現在地方にお住いの方で、ご実家で生活をしている人であっても、将来は東京で一人暮らしをしたい人は沢山いるでしょうし、皆さん出来ればタワーマンションに住みたい人もそれなりにいるのではないでしょうか?

東京=タワーマンションといったイメージが地方の人ほど強いことや、やはり森ビルさんの六本木ヒルズレジデンスのイメージがあまりにも巨大なため、タワーマンションに住んでみたい人は多いのです。

それとは反対に、殆ど土地勘がない東京に引っ越す際に、タワーマンションではなくて、しっかりとした低層マンションが良いと言っているような人は、相当な富裕層の人くらいではないかと思われます。

スポンサードリンク




普通の人であれば、東京に土地勘がない訳ですから、タワーマンションよりも低層マンションの方が人気があるとか、富裕層が好むとか、実は高額な物件が多いことなどは知らないはずですからね。

 

タワーマンションに住みたい人は沢山いても全員が住める訳ではない。

 

その地方の人に人気があるタワーマンションについては、フリーターやアルバイトなどの職業ではなかなか契約すること自体が難しく、家賃も決して安い金額ではない為、希望はあっても断念したり諦めたりする人も実際には多いのです。

せっかく東京に引っ越して一人暮らしをするのであれば、地方よりも狭くて家賃の高いアパートに住んで、そこで一生を終えるなどはできればしたくないでしょうし、しないほうが良いに決まっています。

東京の家賃5万円前後のマンションというのは、地方の同じ価格帯のマンションと比べて遥かに部屋が狭くなっていることが殆どであり、物価の高い東京であれば、その金額で一人暮らしができるだけでも幸せといった状態になることが多いのです。

 

タワーマンションに住みたいのであればそれに見合った結果を出せば良いだけ。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

タワーマンションに住みたいのであれば、そのような物件に引越しができるような環境を作れば良いだけの話であり、それをやっていない人であれば住めないのは当然の結果ですから、好きな物件に住みたいのであれば適切な行動をするだけで良いのです。

その適切な行動というのは、正社員になることであり、普通に仕事をしていれば別に難しいことではありませんし、30代、40代になって、経営者でもないのに正社員でないような場合は、タワーマンション以前に社会からなかなか認めてもらうことも難しいのです。

ですから、タワーマンションに住むということは、東京でそれなりのポジションで仕事をしているということであり、それからさらに頑張れるかどうかは自分次第といったところなのです。

 

では、東京で正社員として働くにはどうすば良いのか?

 

地方でもそうなのですけど、正社員として働きたいと思っても、雇ってくれる会社の方がすべての決定権がある為、その会社が求めているような人材でない限りはまず雇ってくれることはありません。

エンコとか身内の会社の採用であれば別でしょうけど、そのような会社には将来はありませんし、親の金で養われているようなものですし、普通の人はそのような状況になることもありません。

いわゆる特権階級のような同族企業の親族であれば、簡単に正社員になることができるのですけど、そうでない普通の人の場合は、必ず求人を出している企業の要件を満たした人でない限りは絶対に雇ってもらえないのです。

正社員として働く為には、働きたい企業が求人をしている要件を必ず満たしている必要があり、それで初めて面接をする権利を得ることができる訳ですから、正社員として働けないというのは、企業側からみれば必要な人であると認識されているということです。

では、働きたい企業から必要とされる人になり、そこで正社員として採用されて安定した生活を構築しつつ、東京でタワーマンションに住みながら生活をする為にはどうしたら良いのでしょうか?

次回に続きます。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年11月15日 — 11:58 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme