Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

タワーマンションの粗大ゴミ置場にはお宝が沢山|持って帰っていいの?

地方にお住いの方でしたら、24時間ゴミが捨てれるような環境があると言えば、多分信じられないような人も多いかとは思いますけど、東京都心のマンションでは24時間ゴミが捨てれるような環境が普通になってきています。

また、ディスポーザーが標準されている最近のマンションでは、生ゴミ自体が発生しないといった画期的な環境になっているため、普段の台所を管理している主婦の方でしたらこれ以上ない快適な生活が送れるはずです。

スペアリブや魚の骨なども粉々に粉砕して下水に流すシステムであるディスポーザーが装備されている環境では生ゴミは出ませんし、燃えないゴミやペットボトルのなどの再利用ゴミ、新聞やダンボールなどのゴミも24時間捨てることが可能です。

スポンサードリンク




地方の一戸建てでしたらこのような生活はできませんから、ゴミ処理をするだけでも東京に引っ越してきた方がよいくらいですし、それほど環境も悪いわけではありませんし、治安も田舎よりもはるかに良いのです。

 

東京で低コストで快適な生活をしたい場合はタワーマンションが狙い目です。

 

そのように、24時間いつでもゴミが捨てれる環境が東京の最近のマンションになるのですけど、タワーマンションでしたら大抵はこの条件に当てはまっていますので、低層マンションよりも価格が安いタワーマンションは結構狙い目です。

タワーマンションというのは、その性質上巨大であり、たくさんの住民が生活していますので、当然それに比例してゴミも沢山出るのですけど、その中でも粗大ゴミについてはまだまだ使えるような家具や電化製品が沢山捨てられているのです。

ただし、粗大ゴミだけは24時間いつでも捨てれるような環境ではなくて、コンシェルジェや窓口が営業をしている時だけでしか捨てれないようになっているのですが、午前9時くらいから午後19時くらいまでは営業していますし、一部の高額なマンションであれば24時間対応もしています。

一部のマナーの悪い住民は、粗大ゴミが捨てれない時間帯に勝手に粗大ゴミを捨てる部屋の前などに放置しているのですが、これは完全に犯罪になりますし、監視カメラで24時間監視されていますので注意が必要です。

監視カメラについては、実際に記録はされているもののあまり運用が良いとは言えないため、事件になってもうまく利用できないことが多いですから、勝手に夜間に粗大ゴミを捨てているような悪しな住民が後を絶たない物件も多いのです。

 

タワーマンションの粗大ゴミ置場にはお宝が沢山あるのです。

 

タワーマンションの性質上沢山人が生活をしていますし、最上階などは結構高額になっている物件も多く、ある程度生活に余裕がある人たちが生活をしている住宅であることには間違いありません。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


その結果どうなるかと言えば、粗大ゴミ置場にはまだまだ使えるような家具や電化製品が捨てられるようになり、それを見ただけでも勿体無いと感じる人がいるくらいのゴミが捨てられているのです。

もちろん、完全に使えないような電化製品や壊れた家具なども沢山捨てられているのですが、そういったゴミに混じってリサイクルショップで並んでいてもおかしくないゴミや、殆ど新品状態のゴミまで捨てられているのが現状です。

そのため、都内のタワーマンションを含む粗大ゴミを建物内でいつでも捨てれるようなマンションの粗大ゴミ置場は鍵で隔離された状態で管理されているため、窓口が営業している時以外は利用することができないという訳です。

関係ない人がマンション内に侵入してきてまだ使える粗大ゴミを持ち帰ったり、同じ建物の住民が持ち帰ったりすると大変ですし、全く関係ない外部の人間がゴミを持ってきたりすると大変ですからね。

 

タワーマンションに捨てられている使える粗大ゴミは持ち帰ってもいいの?

 

沢山粗大ゴミが捨てられていて、その中にまだまだ使えるような家具や電化製品があった場合は、それを見て勿体無いと思って持って帰りたい人も出てくるかもしれませんが、持ち帰ってはいけません。

ゴミを勝手に持ち帰った場合は、最悪警察に逮捕されることになりますし、これはまだまだ使える粗大ゴミに限った話ではなくて、空きカンなどの換金性の高い燃えないゴミなどでも同じです。

まあ、燃えるゴミを持ち帰るような人はいないとは思いますので、そちらに関しては考慮する必要はないでしょう。

基本的に、タワーマンションの粗大ゴミ置場に捨てられているゴミというのは粗大ゴミ自体が頻繁に回収されるものではありませんから、かなりの量が蓄積された状態になってゴミ捨て場に隔離して保管されています。

その隔離された粗大ゴミの部屋に行けば、まだまだ使えそうな家具とか電化製品が捨てられている訳ですから、それが気になったり欲しいと感じることも普通なのかもしれませんが、どうしても持ち帰りたい場合は、管理事務所に相談をしましょう。

粗大ゴミは必ず部屋番号と名前をゴミシールに記載して捨てられていますから、その後醍醐味を誰が捨てたのかは必ず分かるようになっていますから、ゴミを捨てた持ち主が了承をして粗大ゴミとして処分することを停止すれば問題はないと言えます。

ただし、それをするのは相当恥ずかしいことですから、よほど貴重な骨董品とかが捨てられているのでない限りは、勿体無いな?と感じるくらいでやめておくのが基本です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年12月2日 — 11:46 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme