Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

タワーマンションに住める職業について|会社員が圧倒的に多い

年齢層が若くて地方で生活をしている方に多いのですけど、東京のタワーマンションは凄くて富裕層や芸能人と呼ばれているタレントの方ばかりが住んでいるとか、一体どのような人が住んでいるの?といった話がよく聞かれます。

これは、巨大な見た目の印象もあるのでしょうけど、東京のタワーマンションは凄いとか東京のタワーマンションにはお金持ちしか住んでいないといったイメージが強すぎることが原因であると思われます。

あくまでイメージですので、それが実態とは異なる話は良くありますから、東京のタワーマンションは特別な人ばかりが住んでいると言った話は一つの都市伝説のような話として扱った方が良いのかもしれません。

スポンサードリンク




実際にどのような人が最も多く東京のタワーマンションに住んでいるかと言えば、普通の会社員やOLの人が圧倒的に多いのが現状ですから、ごく一般的な人が生活しているのがタワーマンションです。

 

全てを高額なタワーマンションにすることは絶対にできないのです。

 

当然、一部の特別高額なタワーマンションの高層階などは、特殊な職業をしている人とか富裕層などしか到底住めない毎月の家賃が数百万円といった金額に設定されているのですが、そのようなマンションの方が少ないのです。

その理由を考えればわかりますけど、都内にはどれくらいのタワーマンションが建設されているかを見ればわかる通り、全てを高額な家賃に設定しても人が入ってくれません。

人が全く住んでいないようなタワーマンションは中国の廃墟となんら変わりませんから、必ずその立地と設備に合わせた相場家賃に設定されていて、その中でも高額な物件と一般的な物件に大きく分かれています。

大体、家賃20万円前後が一般的な物件であり、それを大きく超える家賃40万円になると高額な物件に該当するのですが、高額な物件だと家賃40万の場合はワンルームしか借りることが出来ませんから驚きですね。

 

家賃20万円のタワーマンションを普通の会社員が契約することができるのか?

 

地方の人でしたら、月収20万円以下の会社員やOLの方も多いでしょうから、家賃20万円のタワーマンションを普通の会社員が契約している話を聞いても信じれないかもしれませんけど、東京では普通の話です。

スポンサードリンク




そもそも、あれだけタワーマンションが沢山建設されていて、沢山の人が生活をしている訳なのですがその殆どの部屋を経営者や富裕層だけで契約できる訳がありませんし、実際に普通の会社員の方大変多いのです。

地方の給与の感覚と東京の給与の感覚は全然違いますし、同じ会社員と言ってもそれなりにできる人の場合は年収1000万円前後であっても普通の話ですから、毎月の家賃が20万円前後でしたら妥当な範囲になります。

実際にタワーマンションに住んでみれば分かりますけど、午前中の通勤時間帯にはスーツを着た男性や女性が歩いて駅に向かって沢山出勤していますし、明らかに経営者であるような人は車で通勤していますから、いろいろな人が多種多様に生活をしている場でもあるんですね。

興味があれば、実際に平均的な家賃20万円前後の物件を契約して、そこで生活をしてみれば事実が分かると思いますので、実はタワーマンションには会社員が圧倒的に多い事実を知りたければ、ご自分で契約をすることになります。

 

若いOLの方でワンルームで生活をしている人も多いのです。

 

女性の方は日本では待遇があまり良くなて給料が安いといったイメージがあるかもしれませんが、それも実態とかけ離れたイメージであり、仕事ができる女性であればいくらでも好待遇で雇ってくれる会社は沢山あります。

女性の場合は安全上の問題から駅に近いセキュリティーがしっかりとした都心部のタワーマンションを好むことが多くて、その場合はワンルームでも15万円前後は最低かかってくるのですが、そういったお部屋を積極的に借りている方が多いようです。

最寄駅が沢山あれば通勤も楽ですし、夜間に歩かなくても良いですし、満員電車も避けることができるのであれば女性にとってはとても良い環境ですから、後は仕事を頑張ってそれなりの物件を選べば良いのです。

あと、東京の会社というのは住宅手当がかなり高額になっていることが多くて、それを利用してそれなりのマンションを契約している人も多いのですが、これには税金がかかるのでタワーマンションを社宅にしているような会社を選ぶのもありです。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年12月11日 — 1:47 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme