Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

家賃20万円でもお勧めできない物件|子供の施設に要注意

地方から東京に引っ越す際には、予算に合わせて自分に最も適切な東京のマンションなどの物件を選ぶのは当たり前の話としても、実は簡単そうに見えてそれが結構難しいと言った事情があります。

当然、ネット情報だけとか雑誌の部屋情報だけを見て引越し先の部屋を決めるなどは絶対にやってはいけない事なのですが、それを怠ってしまいすべて他人任せで物件を決めてしまった結果、後悔している方も多いのです。

 

学生の方は引越し先を業者に丸投げするのはやめましょう。

スポンサードリンク




 

特に地方の学生さんに多いのですけど、東京の土地勘は殆ど無いですし、知り合いないし、予算もあまり無い都合上、全て入学先の学校が斡旋してくれた不動産会社に丸投げしてしまう人も多いのですが、そのような経緯で入居する物件が良い訳がありません。

価格が安くて良い物件というのは、確かにそれなりに存在しているのですけど、そのような物件は当然人気がありますのでなかなか部屋も空きませんし、仮に部屋が空いてもすぐに埋まりますから、斡旋する必要も無い訳ですね。

業者に丸投げして斡旋してくる不動産物件というのは、いわゆるスーパーの売れ残りの惣菜のようなものであり、本来は半額でも適正価格な商品をワザワザ定価で購入してくれる人がいるなら、そういった人に買ってもらったほうが良いのです。

これは、家賃が安い物件ほどその傾向にあり、家賃が高い物件になれば逆にどれを選んでも大して差がなくなりますから、殆ど好みと立地の都合を気にするくらいでしょうか?

 

家賃20万円の物件でもあまり良く無い物件とは?

 

基本的には、家賃20万円以上の家賃を払えるのであれば、その場合は極端にハズレと言った物件には当たる事なく、普通に誰でも満足が出来る物件を選ぶ事が可能になります。

学生さん向けの家賃5万円クラスの物件の場合は、当たり外れの差が大変大きい為、物件を選ぶときは靴をすり減らしてでも納得する物件を現地に何度も通って探し出す事になりますが、社会人向けならそこまではしなくても構いません。

そこで、一般の社会人の人が毎月払える限界家賃である20万円前後の物件いなれば、一定以上の設備や間取りが保障されてくる為、後は好きな最寄駅であるとか、好きな間取りであるとかを基準にしてどの物件を選んでも大した差はなくなります。

しかし、ここで案外盲点になっている東京特有の事情がありますので、そちらを知っておくと便利ですから簡単にご説明いたします。

 

東京都内で子供が集まる施設が近くにある物件は要注意。

 

地方ではあまり見かけない光景として、東京都内ではタワーマンションなどの巨大な集合住宅がその建物単独ではなくて、複合施設のような状態でまとめて設計されている物件をよく見かけます。

よくあるマンション単独ではなくて、複数のマンションや公園、商業施設やスカイウォーク、広場等が同じ敷地内でセットになっているようなマンション事です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


東京では24時間営業のスーパーとかも当たり前ですし、いろいろな商業施設や駅直結といった感じの地方では見られないような物件も多い訳ですから、その敷地内が一つの小さな街として機能しているようなイメージでしょうか?

そのように便利な施設が沢山集まり、広くて整備された敷地が利便性の良い場所にある訳ですから、多くの人が集まりますので、それに合わせて子供が集まるような施設も合わせて用意されている事も多いのです。

一見して、子供を預かってくれる施設が近くにあるから便利だろうな?と思ってみると、後々イライラしたり後悔する事になりかねませんので、そのような施設が近くにあるマンションの場合は例え家賃が20万円クラスでも慎重に検討しないといけません。

 

マンション内の共有部分のスペースを運動場のように使う人たち。

 

子供が集まる施設といえば、騒音が喧しいといったトラブルになる事が多いのですが、それは過剰に反応しているような一部の高齢者などが逆恨みのようにつぶやいている事が殆どですから、そういった話であれば無視しておいて構いません。

逆に、窓を開けて元気な子供の声が聞こえるくらいの方が活気があって良いですし、それなりの家賃の物件になれば、東京のマンションの場合は2重窓担っている事も多くて、窓を閉めると子供の声が聞こえる事も殆どありませんからね。

では、子供が沢山集まる施設が近くにあると何が問題なのかといえば、一般的な騒音などではなくて、その施設前を運動場のように利用する施設が本当に多い為、事故やトラブルになる事も多いのです。

具体的には、マンション敷地内にある共用スペースというのは運動をする場所ではありませんから、大人がそこでバットを振り回したりゴルフの練習をしていると、普通に警察に通報されてしまいます。

 

子供の集まる施設の責任者の大人たちが平然で社会のルールを破らせている。

 

しかし、子供の施設が近くにある場合は、そこの責任者が子供を先導して、マンション敷地内のスペースで野球を始めたりスケボーを始めたり、サッカーを始めたりとやりたい放題なのです。

お年寄りが歩いていて、もしボールにぶつかったらどうするのか?とか、普通の大人なら考えるとは思うんですけど、このような施設の職員はそういった思考が全く無いようで、自分を中心に地球が回っているといった感じの人が多いようです。

しかも、すぐ近くにはすごく広い公園があり、そこでなら野球やサッカーも好きなだけできるはずなのですが、面倒なのかそこには行かずに、施設の目の前の人が沢山通行している場所で平気で野球とかを責任者の大人が先導してやっている始末です。

小さな子供に罪はありませんので、子供が悪いという訳では無いのですが、本来そのような運動をしてはいけない場所で、他の通行している人の迷惑になる行為を施設の大人が先導してやらせている時点で、ダメな施設である事には変わりはありません。

このような施設が近くにある物件を選ぶのは、後々トラブルになったり、不快に感じる事が多いでしょうから最初からやめておいたほうが無難と言えます。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年12月23日 — 7:42 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme