Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

オネショをした布団を周囲にバレずにベランダに干す方法

恐らくは殆どの人が経験したことがあるであろうオネショについて、別に恥ずかしいことではありませんし、誰もがやることですから仕方の無いことなのですが、その際に布団をそのまま干しておくと、やはり周囲からは色々と言われてしまうことがあります。

例えば、小学生の通学路などに、オネショをした布団を干しておくと、それを見た子供たちが大騒ぎをして笑い出したり、大声を出したりすることになり大変恥ずかしい思いをしたり、誰のオネショか特定される様な事態になることもあります。

多分、地方にお住いの方であれば、子供の頃に、不可抗力な事件ながらこの様なオネショの布団が絡む嫌な思いしか無い経験をしたことがあるのでは無いでしょうか?

スポンサードリンク




基本的に、地方の住宅というのは一戸建てが圧倒的に多くて、布団を干す場合は物干しざおなどんそのまま干さないといけない事が多いご家庭もあるのですが、そちらの場合は2階建ての家以外はちょっと厳しいのですが、ベランダがある場合は周囲にバレずに干す事ができます。

 

オネショをした布団をバレずにベランダに干す方法。

 

布団にオネショをしてしまった場合、そのままの状態で押し入れにしまっておくと、後で大変なことになりますので、必ずオネショの後処理をして使うことになるのですが、その際にはやはり太陽の光で処理をするのが最も最適です。

オネショをした布団に対して、バスタオルなどにお湯をたくさんつけて何度も水拭きをした上で布団をベランダに干すことになるのですけど、そのまま干してまうと、オネショをした事が丸わかりになってしまいます。

別にそれでも良い人は良いのでしょうけど、オネショをしているのは大抵お子さんですから、お子さんがその日オネショをした事が周囲にバレてしまうと、当人が大変不快な思いをするだけですからよくありません。

そこで、どうやってベランダに干したら良いのかといえば、大抵地方の人というのはベランダの壁などにそのまま布団を干す人が多くて、それが最もお手軽で簡単な方法ですから皆さんそうするのですが・・・。

 

東京のタワーマンションと同じ方法で布団を干せば周囲からは見えません。

 

その際に、ベランダの壁にそのまま布団を干すのではなくて、ベランダの内側に布団を干す様にすれば外からは布団が見えませんし、太陽の光や風もちょうど良いくらいにあたり、綺麗に布団も乾きます。

この方法は、東京に沢山あるタワーマンションのベランダで布団を干す方法であり、タワーマンションというのはベランダに布団を干すのが禁止されている物件が殆どですから、オネショに関係なく皆さんこの様にして布団を干しています。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


タワーマンションというのは高層マンションですから、万が一ベランダから布団が落ちてしまったら大事故になる可能性もあり、見た目の景観もよく無いことから、ベランダに布団を干す事が禁止されているのです。

もちろん、布団乾燥機といった便利な家電もあるのですが、やはり布団の乾燥には太陽の光りが一番良いのは当然ですから、皆さんあえてベランダに布団を干すために、ベランダの壁ではなくて、ベランダの内側に布団を干しているのですね。

タワーマンションの景観を守るために、ベランダの内側に布団をほすと、当然周囲からは布団はよく見えない訳ですから、オネショをしている布団であっても誰も知る由が無いのです。

 

ベランダが無い住宅の場合は布団全体を濡らせばオネショの跡は消えます。

 

東京のタワーマンションで行なわれている布団を干す方法であれば、周囲からオネショをしている布団であることを悟られることは無いのですが、この方法には重大な欠点がありまして、それはそのままベランダが無いとこの方法は使えないということになります。

そこで、東京にあるベランダが無いタワーマンションのように室内に布団を干せば良いということになるのでしょうけど、地方の一戸建ての場合は住宅がベランダが無いタワーマンションの様な構造にはなっていないため、これも難しい・・・。

ただし、ベランダが一切無いタワーマンションの場合は、オフィスビルの様な窓になっているため、窓際は強烈な光が入ってきますから、やろうと思えば室内に布団を干すことも可能ですが、外からはかなり目立ちますのでやる人は殆どいません。

 

布団全体を濡らすのは大変な重労働のため男性がしたほうが無難です。

 

そこで、ベランダも無いけど、オネショの布団を干すと恥ずかしい場合にどうするかといえば、布団全体を水で濡らせてしまえば、オネショをした形跡が消えるため、周囲の人から普通に布団を干しているくらいにしか見られません。

こちらは大変古典的な方法になるのですが効果は絶大であり、とにかくオネショを悟られない結果としては良いのですけど、大変な労力がかかってしまいますし、太陽の光りであっても乾かすのが大変ですから、天候が良い日限定になってしまいます。

その際には、2階建ての住宅であれば屋根の上に布団を干しておけば、相当な勢いで太陽の光があたりますから、確実に布団が乾燥していい感じになるのですが、こちらも重労働なので女性ではなく男性がしたほうが手っ取り早いかもしれません。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年2月10日 — 8:33 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme