Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

民間よりも家賃が高いUR賃貸|不定期で値上げもあるので注意

東京には民間の賃貸不動産会社だけでなくて、敷金礼金が必要ないUR賃貸という大変便利な賃貸住宅があり、連帯保証人すら必要ないので、早い話が暴力団関係者であっても無職だっても、お金さえ一定水準あれば誰でも契約できるという利点があります。

UR賃貸の物件には表向きは暴力団関係者はお断りと書いてあっても、実際には結構契約している事もありますし、そのような物件はUR賃貸側も把握しているようなので、事前に確認をとったほうが良いかもしれません。

最近、自民党の政治家と贈賄だかなんだかの癒着があったのがこちらのUR賃貸になるのですけど、その名の通り、民間ではなくて多額の税金を投入されて運営している独立行政法人、いわゆる国営のような団体ですから、民間の常識とはかなり異なる部分もあるようです。

スポンサードリンク




 

 

国営なら安いのでは?と思えるかもしれませんが、UR賃貸は安くないのです。

 

民間と比べて、多額の税金を投入している独立行政法人な訳ですから、都営の団地のように家賃もかなり安いのでは?と思ってUR賃貸で物件を見ると多分驚く事になると思います。

その理由は、都内の家族向けの物件であれば家賃20万を超えているのが当たり前になり、1LDKでも15万円以上の物件ばかりが目に付きますから、都営団地の感覚で部屋を探しに行くと、間違いなく予算が足りなくなります。

URの家賃は、そのデザインが特徴的な品川Vタワーの賃貸物件よりも少し安いかな?といった感じですから、都内のUR賃貸の相場は品川駅すぐ近くの民間のタワーマンションと殆ど変わらないという事になります。

スポンサードリンク




だったら、UR賃貸よりも品川Vタワーを契約したほうが良いでしょう!といった話になるのでしょうけど、金銭的な理由以外で品川Vタワーを契約できない人はUR賃貸を契約した方が手っ取り早いのです。

 

UR賃貸で家族向けの物件を選ぶ際は家賃20万円前後を基準に検討します。

 

森ビルさんとかラトゥール系のマンションのように家賃が100万円を普通に超えているような物件は流石にUR賃貸にはないのですが、15万円から30万円位の物件は普通に沢山ありますので、UR賃貸を選ぶ時は20万円前後の予算でないと結構厳しい感じです。

その代わり、保証人も必要ありませんし、職業不詳無職でも構わないですし、外国人の方でも構わないので、とにかく指定した現金を払ってくれる人なら誰でも歓迎なのもUR賃貸ですから、地獄の沙汰も金次第とはまさにこのことなのかもしれません。

お金さえあれば、とにかく誰でも契約できるのがUR賃貸なので、怪しい職業をしていてお金は沢山持っているけど、民間の不動産の審査に通らないような人であれば、そこそこの設備を備えた家賃25万円位のUR賃貸であれば満足する訳なのです。

そんな感じで、お金さえ持っている人なら誰でも良いのが原因なのかどうか知りませんが、UR賃貸では不定期で家賃の値上げが行われますので、そちらについては注意しておいた方が良いかもしれません。

なんでも、周辺の家賃相場に考慮して値上げをします!といった訳のわからない理由で強制的に家賃の値上げをすることがありますから要注意です。

本来は、周辺の相場を考慮したら家賃を値下げした方が良いのでしょうけど、そんなことはまずしてくれないのもUR賃貸ですから、その場合は他のUR賃貸に引っ越してもいいかもしれませんね。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2016年4月15日 — 2:37 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme