Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

お米を安定して半額で買えるのはマルエツ|5キロ1000円で買える?

東京で生活を始めてみると、家賃と駐車場代が高いだけで、他の費用は地方よりもかなり安く済む訳なのですが、それでも少しでもお金を節約したいのは殆どの人が考えることでは無いでしょうか?

そんな訳で、他に毎月必ず発生するであろうお金がかかるものと言えば、多分、お米の購入代金である人がそれなりにいるような気がしますし、1日3回一人でご飯を茶碗一杯程度を食べている人であれば毎月10キロくらいのお米を食べていると思います。

毎月食べるお米の量については完全に個人差が有りますので、30キロ食べている人もいるかもしれませんし、5キロで住んでいる人もいるかもしれませんけど、お米の価格というのは安くないのは共通する話です。

スポンサードリンク




 

毎月4000円から15000円くらいの費用がかかるかな?

 

コシヒカリなどでしたら5キロで2000円から3000円位であり、よく分からないブランドの場合は5キロ1800円位で都内のスーパーで売られているのですが、このお米を毎月10キロ購入するとそれだけで4000円から5000円位の費用がかかることになります。

30キロのお米を食べる人であれば15000円前後の費用になりますから、普通の人のガソリン代よりも高いお米のコストが毎月発生していることになる感じですね。

別に、その程度の費用ならどうでもいいと思う人なら大した話ではないのですが、毎月ギリギリの生活をしている人は東京にも沢山いらっしゃいますから、安くできるのであればそちらの方が助かることに変わりはありません。

それで、なんとかお米を安く購入する方法は無いのか?と思っても、お米は通常割引販売はなかなかされませんので、まれにイオンなどで行っているセール時に1500円前後で購入するくらいしか選択肢が無い状態です。

スポンサードリンク




それでも、もう少し安く買えないか?と思っている人がいれば、マルエツに行けばなんとかなる場合がありますので、一度行ってみると良いかと思います。

 

 

定期的に期限の迫ったお米を半額にするのはマルエツです。

 

お米というのは実は美味しく食べれる期限というものがあり、それが精米時から1ヶ月と言われていますので、その期限が迫ってきているお米を半額で扱っているのがご存知マルエツになる訳なのです。

他のスーパーではお米が半額になることは中々無いのですけど、マルエツの場合はあっさりと半額シールを貼ってくれる為、2500円のお米でも1250円で購入できますから、それを狙って主婦の方がまとめて買っていく光景をよく見ることがあります。

精米時から1ヶ月くらい経過するとお米の味が落ちると言われますけど、正直言ってそこまで変わるものでもありませんし、違いが分かる人などあまりいないのでは無いかと思いますし、価格が半額であればデメリットになる要因が全くありません。

ただ、流石にマルエツも毎日お米を半額で売っている訳ではなくて、精米時から1ヶ月経過しても売れ残っておるお米のみに半額シールを貼っていますから、行けばいつでもOKという訳では無いので、タイミング的な要素が強いのですけど、それでも半額でお米が購入できるのは心強いと言えます。

興味がある方は、お米は半額でマルエツで購入するような段取りにしておくと、毎月必ず必要となるお米の購入代金が半額になりますので、人によっては結構な節約になるのではないでしょうか?


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2016年5月18日 — 2:06 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme