Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

都内の電車通勤|暑い夏はタオルを携帯すると便利

8月の暑い時期になると電車通勤以前の問題として、屋外を歩くだけでも大変な労力が必要になりますし、熱中症で倒れる人が続出するのも東京特有の話になります。

東京といえば、あまりに人口が多い為、確率的に他の都道府県よりも毎年熱中症で倒れる人が多くなるのはある意味仕方がない話です。

しかし、汗だくになって自宅と会社を移動するだけなら良いのですが、その状態で電車に乗らないといけない訳ですから、満員電車でそれをやってしまった場合は、他の人の迷惑になる場合があります。

スポンサードリンク




 

汗だく状態で電車に乗ると思わぬトラブルに?

 

誰でもそうなんですけど、汗ダクダクになっている知らない人の体に触れたくなどありませんし、他人の大量の汗が自分の体や服に付着して気持ちの良い人はいない訳ですが、屋外ならともかく電車の中では防ぎようがない場合があります。

ですから、各自が電車に乗る前に汗を拭くとか服を着替えるとかしておけば良い訳ですし、実際にそれをやっている人もそれなりにいるのですけど、なかなか他人の迷惑を考えない人がいるのも事実です。

一般常識があれば、汗だくになった状態で満員電車に乗ろうとは思いませんけど、そういったことを考えない人もいる訳ですし、それでどのようなトラブルになるかも分かりません。

電車の中でもう少し詰めて下さいと叫んだだけで殴り殺される時代ですからね。

 

暑い夏は常にタオルを持参しておくと便利です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

別に東京に限ったことではないのですが、暑い夏で屋外を移動する場合、ハンカチではなくて吸収率の高いタオルを携帯しておいた方が何かと便利ですし、東京の場合は電車に乗る前に汗を拭っておくと便利です。

タオルを携帯する場合、スーパーやコンビニの袋も合わせて持っていると、汗が染み込んでしまったタオルをその中に入れて鞄の中にしまうことができますし、かさばらないので大変便利です。

東京の場合は駅ナカといった便利な施設がありますので、しばらくその中をウロついて冷房で体を冷やしてから電車に乗っても良いですし、大抵はコンビニがその周辺にありますから、コンビニで休むのもアリです。

潔癖性な女性であれば、着替えの下着などを常に持参していて、トイレで着替えるような人もいらっしゃるのですけど、そこまでする必要はないにしても、汗を沢山書くような人の場合は、常にタオル1枚くらいは持参しておいた方が良いですね。

 

人口が多い東京では予想外のトラブルに巻き込まれることが多い?

 

自分に取っても清潔な状態が保たれますし、周囲の人にしても迷惑的な行為を無意識のうちにしてしまう恐れも少なくなりますから、予想外のトラブルに巻き込まれる可能性も低くなります。

地方でしたら通勤は車で行う人が多い為、暑くてもエアコン全開で移動することができるのですが、東京の場合は電車通勤をされる方が圧倒的に多いですから、夏場の汗でトラブルにならないように注意しておくと良いかと思います。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年8月11日 — 5:09 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme