Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京一人暮らし|庭付きマンションは相当な高額物件

東京で一人暮らしをする事になった場合、その殆どの人が賃貸マンションで生活をする事になるのですが、驚くべきはその家賃の金額であり、アパートなのに、地方でしたら庭付き、池つきの一戸建てが余裕で契約できるような金額である場合がよくあります。

少なくとも日本の田舎の場合、家賃10万円の物件自体が存在していない地方も普通にたくさんありますから、それで、東京だとワンルームのアパートで家賃が10万円??、と驚いてしまうのも無理はありません。

 

 

ワンルームで家賃10万円なら立地によっては格安の物件なのが東京。

スポンサードリンク




 

東京はある程度高いと予想はしていたけど、これほど高いとは思っていなかったと驚く人ばかりですけど、実際には家賃10万円くらいでしたら、その立地によってはワンルームであってもかなり安い方になります。

高い物件になると、ワンルームで家賃30万円、駐車場代が8万円以上が当たり前に存在しているのが、日本の首都、東京になります。

地方でしたら、家賃3万円でも家族4人が生活できる一戸建ての借家を契約できたり、駐車場代も毎月3000円位の費用でまかなえたりする事が普通ですから、ワンルームのアパートで10万円というのは如何にありえない相場であるのかがよく分かります。

 

 

どうしても庭付きの物件で無いと我慢が出来ない人?

 

その限られた予算の中で、なんとかして東京で住む家を見つけないといけなくなる訳なのですが、出来ればそれなりの家賃を払うんだから、庭付きのマンションが良いと思う人もいるかもしれません。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


生活している住宅に庭があると、心が落ち着きますし、ししおどしや日本庭園のような風流なアイテムが庭にあれば、そこが都会である事を忘れてしまいそうになるくらい、快適な生活を送れることには間違いはありません。

しかしですね、東京のマンションで庭付きで、日本庭園があるとか、ししおどしがあるような物件も確かに存在はしているのですが、それらは東京でも最高クラスの家賃に設定されている物件である事が殆どです。

 

 

家賃として支払える限界予算が10万円なら庭付き物件はまず無理。

 

家賃として支払える予算が無理をしても10万円であり、それ以上は逆立ちをしても払えないような人の場合、そのクラスの物件の駐車場代すら支払えない事が殆どですから、庭付き物件はもっと先、もしくは夢物語の話になるかもしれません。

東京で庭付きのマンションで生活がしたい場合、少なく見積もっても家賃は50万円以上は毎月安定して支払えるくらいで無いといけませんし、日本庭園、ししおどしになると、200万円でも足りなくなりますから、現実的には経営者として成功するか、株で大儲けをするしか無いのが現状です。

 

 

庭や眺望は他人や公共の桜並木を利用しようと思っても似たような人は多い。

 

ですから、庭付きのマンションがどうしても良い場合、自分の庭ではなくて、ベランダや窓から桜や整備された公園が眺望できるような部屋を選んでおけば良いのですけど、似たような状況の人は大変多いらしくて、そのような物件は例外なく高額な家賃に設定されています。

最初は、おとなしく予算に見合った物件を選ぶようにして、庭付きじゃ無いとダメとか、出来れば日本庭園・・、ししおどしも欲しい・・、そんな実現不可能なご要望をするのはやめておいたほうが無難です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年9月12日 — 8:12 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme