Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

タワーマンションへの引っ越し作業|個人でも楽な話

タワーマンションで一人暮らしをする場合、どこか別の場所から引っ越しをしてくることになる訳なんですけど、その際に引っ越し業者を使わない人はあまりいないのではないでしょうか?

タワーマンションに引っ越しをしてくる時点で、それなりに荷物が揃っている人になるでしょうから、自分でトラックなどを用意してそれを運転してきて引っ越し作業をしている人はあまり見かけませんが、稀にいらっしゃいます。

明らかに個人でレンタカー屋で借りて用意したであろう白い軽トラックや2トントラックを使って、あまり扱いに慣れていない感じの人たちが頑張って引っ越しをしている感じの姿ですね。

スポンサードリンク




 

引っ越し業者に依頼をするととても楽な理由。

 

引っ越し業者に引っ越しを完全におまかせで依頼をした場合、荷物を運び出したり、新しい引っ越し先に荷物を持ち込んだりをしてくれるだけではなくて、その際の車の停車時の管理をしてくれますので大変楽です。

自分でトラックなどを使って引っ越しをする場合、東京の場合は路駐を勝手に行っている場合は、違法駐車のステッカーを容赦なく貼られてしまう環境にありますし、ヤマト運輸さんなどでも普通にステッカーを貼られてしまう現状があります。

ですから、普通のアパートなどから荷物を出したり入れたりする場合は車を見張っている感じの役割の人が必要になってくるものなのですが、なかなかそこまでの人数を確保できない事情もあります。

日本の場合は外国の様に引っ越しの際にトラックに荷物を積み込んでいると、それを狙って強盗に襲われるとか、そのまま荷台の荷物を盗まれることも殆どないでしょうから、その点は安心です。

 

自分たちで引っ越しをする場合、トラックを停車させる場所の確保が大変。

 

そうなってくると、引っ越しをしている最中にトラックの保管が敷地内にできない様な物件の場合、道路に長時間路駐をして荷物の積み込みをしないといけなくなりますので、引っ越しを業者に依頼しない場合、この部分が一番大変になります。

スポンサードリンク




まあ、早朝や深夜の時間帯でしたら交通量が少ないとか、その辺の人も少ない状況になるのでしょうけど、その時間帯を選ぶと当事者だけならまだしも、引っ越しを手伝ってくれる人の都合と合わなくなることもあります。

ですから、個人で引っ越しをする場合、一番困るのは引っ越しの荷物の出し入れではなくて、その間に荷物を運ぶ車を長時間近くに安全に停車させておくことなのですけど、タワーマンションでしたこちらに関しては大変楽です。

 

タワーマンションの場合は敷地内に長時間停車可能なスペースがある?

 

その理由は簡単であり、単純にタワーマンションの場合は敷地内にトラックを停車させておける場所が沢山ありますので、管理事務所か防災センターに相談をすれば、その場所を使って引っ越し作業を行える点にあります。

適当なアパートやマンションの場合は、引っ越し用の車を長時間停車させておくスペースが建物の敷地内にないことが多いため、公道を利用して長時間停車させることになるため、個人でやると面倒なのですがタワーマンションはそうではないということです。

基本的に、引っ越しは専門業者に任せておけば、荷物を破損させた場合は保険で弁償してくれますし、車の停車場所の確保に気を使う必要もありませんし、建物の養生などもすべてやってくれますので楽です。

しかし、どうしても自分たちで引っ越しをする場合、その引っ越し先がタワーマンションであるのであれば、敷地内にトラックを長時間停車させておける環境が殆どなので、余計な負担が大幅に減ることになります。

まあ、流石に周囲の人や警察なども、引っ越しの作業の際の路上停車は大目に見てくれるのでしょうけど、余計な心配事が一つ減るのはメリットかもしれませんね。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2016年9月30日 — 4:45 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme