Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京都内の積雪|悪天天候時の靴には要注意

本日、今年始めての都内での積雪が発生した状態で、外気温度は昼でも1度位だったので、東京都内は突然のかなりの寒さになってしまいましたが、毎度おなじみの話として東京都内で雪が1cm積もれば死人が出ると言った笑えないような話があります。

幸いにも雪が積もった訳ではなかったのですけど、それでも雨とみぞれのような雪が降り注いでいて、お昼頃の時間帯でも雨と雪が横殴りで降ってくるので、傘をさしていても体が濡れてしまう位の状態でした。

 

都内は悪天候時には滑りやすい所が多いので要注意。

スポンサードリンク




 

このように東京都内で悪天候になった際の重要な話として、靴は大変重要になりますので、天候の悪い際に外出する際には、現在履いている靴には十分注意しておくことを強くお勧めいたします。

東京都内は雨や雪の際には滑りやすい所が大変多い為、靴の裏側がツルツルの靴を履いて歩いていると、思わぬ横転事故につながることもありますし、万が一にも重大な事故を起こしてしまうと大変ですからね。

 

雪が積もりそうな時には長靴がお勧めです。

 

悪天候時の中でも雪が降っている際にハイヒールやぺったんこでツルツルの靴を履いているチャレンジャー的な人もいない訳では無いのですが、雪が積もりそうな際であるとか、すでに雪が積もっている際には長靴がお勧めになります。

東京都内で長靴を履いていると恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんけど、積雪時には長靴を履いて歩いている人も案外いますし、人は他人のことには殆ど興味が無いのが現状ですから、恥ずかしがらずに長靴を履いておくと何よりも安心です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

長靴はちょっと・・・な人の場合は運動靴がお勧め。

 

流石に長靴は持ってないし、なんだかちょっと恥ずかしいと思う人であれば、底のしっかりとした運動靴を履いていれば滑って横転してしまう事は殆どありませんし、何かあった場合の突際の対応にも運動靴は適用しやすいのでお勧めです。

ただ、運動靴の場合、雨とか雪などの際には靴の中まで濡れてしまって、びしょびしょになってしまうこともありますので、できれば靴下をスペアで持っておくのも良いかもしれませんが、不安であれば一応防水スプレーを吹いておくと多少は違います。

 

駅の構内や階段などは特に滑りやすいので靴は本当に重要です。

 

底がツルツルになった靴を履いて、悪天候時に都内の電車を使ってみればすぐに分かるんですけど、本当に滑って危険ですし、滑ってしまった際に付近を歩いている人にしがみ付いてしまったりすると、そこでどのようなトラブルになるかもわかりません。

また、電車の時間がギリギリになると、ついつい走ってしまいますので、気がついたら横転していた・・・と言った状態にならない為にも、傘が無いと濡れるだけですが、靴がダメだと大変なことになりますので、悪天候時の靴だけは注意したほうが良い感じです。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年11月24日 — 12:41 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme