Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

地方から東京への移動はバスがお得?|痩せている人は大変

最近では、地方から東京への移動、東京から地方への移動をする際に飛行機や新幹線と比べて格安な運賃をアピールしている高速バスが増えてきていて、毎日地方から長距離移動をしてくるバスが新宿や池袋、東京駅等のバス停に沢山集まっています。

正直言って、東京駅のバス乗り場はともかく、新宿や池袋のバス乗り場でしたら、慣れていない人の場合は迷ってしまうのではないかとすら思えるのですが、新宿駅そのものが慣れていない人は迷ってもおかしくない駅なのでこの辺は仕方がありません。

当然ですが、移動に関して言えば距離が離れている場所であるほど飛行機が一番早くて快適なのですが、いかんせん搭乗までの手続きや手間暇がかかること、到着時にも手荷物受け取りに時間がかかることもあり、ある程度の距離なら新幹線が便利です。

スポンサードリンク




 

 

地方東京を結ぶ長距離バスはなかなか寝れない事が多い?

 

実際に地方と東京を結ぶ長距離バスに乗ってみればわかるんですが、痩せているとそれは腰が痛くて仕方がないし、寝ようと思ってもなかなかねれないし、お酒やつまみを食べている人もいるしで、中には喧嘩を始める人までいる始末です・・・。

ですから、長距離バスは夜間にでて早朝に東京に着く、地方に着く為、移動時間があまり無駄にならないと言われていたりするものなのですが、実態は到着時には疲れてしまって現地で何かをしようと思わないような状態になることもよくあります。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


シートに関しても、普通のバスよりかはよいシートなのでしょうけど、リクライニングも新幹線のシートと比べたらお世辞にもよいとは言えない密集状態ですし、飛行機のエコノミー席よりかはまだマシな位でしょうか?

 

 

痩せている人は座布団かバスタオルなどを持参しないと腰が痛くて大変。

 

最近では個室を備えたバスもあるようですが、そこまでするのであればよほど目的地近くにバス停がある場合を除いて、やはり快適性と利便性のバランスが取れている新幹線のグリーン席の方がメリットは大きいような気がしています。

結論から言えば、痩せている人が長距離バスに乗ると、とにかく腰が痛くで仕方がなくなるので、座布団やバスタオルなどを持参しておくかしておかないと、移動が終わった際の疲労感が半端ではありませんから、あまりバスでの移動はお勧めできません。

基本的にバスを利用する理由というのは、料金が安いからであり、それにともなるある程度のデメリットは了承して利用することになるのでしょうけど、長距離バスで移動すると痩せている人は余分な肉が少ないので腰が痛くなることは利用しないと分かりません。

それに問題がなければ、あとは夜の移動でもなかなか眠れない事と途中で停車する休憩時間がやたら長く感じることくらいですから、よほどひどいDQNな他の乗客がいない場合は、料金お得で移動できますので、それを踏まえてバスを使うかどうかですね。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年1月12日 — 1:46 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme