Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

家賃10万円の物件に住むには月収25万円あれば大丈夫

東京都内のワンルームマンションの相場としては大体10万円もあればそれなりのマンションを契約することが出来ますので、どうしても六本木ヒルズレジデンスなどに住みたい人でない限りは、大凡ある程度殆どの場所に住むことが出来ます。

UR賃貸のアクティ汐留のワンルームの家賃が毎月15万円前後ですから、あまり立地の良い場所に住むことは高級物件でなくてもそれが出来ないかもしれませんが、大体普通の物件であれば家賃10万円ならタワーマンションでも十分な物件を選択可能です。

それで、家賃10万円の物件に住むにはどれくらいの所得があればよいかと言えば、その人の生活スタイルにもよるんですけど、普通に生活をするのであれば手取りで20万円もあれば十分な生活をすることが可能になります。

スポンサードリンク




 

 

ギリギリの生活で良いのであれば手取り15万でも大丈夫?

 

また、ギリギリの生活で良いのであれば、手取りで15万円くらいであっても家賃10万円の物件に住むことが出来るのでしょうけど、その場合は残りの5万円で生活をしてかないといけないことや、東京でしたら更新料などが発生する場合もあります。

それを考えると、手取りで15万円ではかなり厳しいけど、相当なやりくり上手な人であれば、恐らくはこの金額でも何とかやっていける状態といえます。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


それを考えると、家賃10万円のマンションに住む場合は、やはり手取りで20万円前後は必要になる計算ですから、総支給で25万円の場合で大凡19万円の手取りになりますので、総支給で25万円以上の人であれば、別に東京に引っ越して家賃10万円の物件に住むのは全く問題がないといえます。

 

 

地方で家賃10万なら相当な豪邸に住めますね。

 

総支給で25万円もあれば、恐らくは日本中どこでも住宅を契約できて生活が出来る状態になりますので、現在の待遇が25万円以下の人は、どうしたらその壁を突破できるのかを考えるのがよく、転職を考え始めてもよいのではないかとすら思えてきます。

また、地方の場合は家賃10万円の物件そのものが存在していない場合や、あったとしても相当な豪邸である場合が殆どですから、東京都内でワンルームマンションを家賃10万円で契約するのでしたら、地方で豪邸に住むか家賃6万円くらいの一戸建てでも借りておいた方が幸せになれるのかもしれません。

日本全国において、家賃に10万円を支払える人であれば、どこでも生活が出来ることを考えると、今後、何があってもいいように、普段から月収25万円以上はキープしておいたほうがよろしいのではないでしょうか?

転職をするにしても月給25万円以上の転職が可能な人であれば、今の環境が嫌になった場合、いつでも好きな環境に移動をしてからそこで新しい生活をすることが可能になるため、このラインをキープするか更に上を目指して行きましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年3月16日 — 5:53 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme