Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で新卒の一人暮らしの家賃はどれくらい?

高校や大学を卒業してから東京で一人暮らしをする場合、殆どの人がマンションやアパートを契約することになり、そこで生活をしていくわけですが、新卒で東京で一人暮らしをする場合、家賃は一体どれくらいになるのでしょうか?

実際に、大学卒、大学院卒の学生さんに確認をしてみたんですが、家賃は1万円から10万円位の間であり、10万円を超えるような家賃を払っている人は新卒ではいない感じで、安い人の場合は家賃は1万円でしたので、下手をすれば地方よりも安いくらいです。

流石に新卒で六本木ヒルズレジデンスのような高額なマンションに住んでいる人はいないようで、皆さん工夫をされて家賃を安く設定しているようなのですが、これには東京独自の秘密があるようです。

スポンサードリンク




 

 

新卒でひとり暮らしをする人は社宅や社員寮が結構多い。

 

これ、東京で家賃1万円なんかとんでもない山奥にでも住んでいるのではないかと思うかもしれませんが、実際には品川区や中央区等の東京の一等地と呼ばれている場所に住んでいて家賃が1万円殻となっていることに注目をしていきます。

通常、品川区や中央区の場合、家賃が1万円の物件などはありませんし、家賃相場は20万円以上が当たり前のような立地で極端に安い家賃1万円から5万円位の費用で住んでいる事自体普通のマンションではありえない話ですがこれには秘密があります。

東京の場合、極端に家賃が高いため、ある程度の会社になると社員寮や社宅を用意していて、新卒の社員に対して家賃負担を少なくするような福利厚生を積極的に行っている企業も有りますので、特に大卒や院卒の学生はその恩赦を受けることが多いようです。

スポンサードリンク




アンケートを行った新卒の学生が全て国立の大学卒、大学院卒で新卒の社会人だったのでそのような結果になったのかもしれませんが、家賃が1万円から5万円位で東京のど真ん中で生活を出来るのでしたら良い感じですね。

 

 

新卒で家賃10万年を払っている人はどんな人?

 

社員寮や社宅はすべての企業が用意しているわけではありませんので、新卒だから家賃が5万円以下で済むわけではありませんので、実際に自分でマンションを契約している新卒の社会人の方に聞いてみると、大凡家賃は10万円前後になっていました。

10万円を超えるの人はいませんでしたが、8万円から10万円位のマンションを契約していましたので、東京の家賃相場からすれば全然普通の範囲内ですから、新卒の場合は学生よりもワンランク高くなっている物件を選ぶようです。

東京の場合、大学生なら家賃は6万円前後のアパートやマンションを選ぶのが普通であり、その際の物件よりも若干条件が良いマンションに引っ越すか、社宅に引っ越すか、社員寮に引っ越すと言った感じで皆さん生活をされているようです。

出来れば、最悪でも住宅手当を支給する会社を選ぶのは鉄板であり、最良の選択は社員寮か社宅を完備していて福利厚生が優れている会社を選んで就職をしている新卒の人達を見ていると、初めて選ぶ会社は本当に重要なんだと感じることになります。

これから東京の会社に就職をする人、就職活動をする人は、住宅に関わる福利厚生を完備している企業を選んでおいたほうが、後々手元に残るお金が全然違ってきますので、慎重に企業情報を調べていきましょう。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年3月27日 — 1:24 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme