Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で審査の優しい賃貸マンションならUR賃貸

東京に引っ越すことが決まった際に、殆どの人は賃貸住宅、特にアパートやマンションを選択してそこに住むことになるわけなのですが、誰でも住みたい物件に住める訳ではなくて、支払える予算の都合であったり、物件を貸す側の都合で思うように物件を借りれない場合があります。

その際には、他の物件を探さないといけなくなる訳ですが、自分が支払える予算の物件を借りようとして断られた場合、大抵は他の物件も断られることが多くて、そうなると自分が希望する物件に住むことが出来ない状態が発生します。

では、何故気になるマンションの賃貸を申し込んでも断られるのかと言えば、大抵は職業が好ましくない場合、前年度か最近の源泉徴収(年収、月収)を証明できない場合、大抵はこのどちらかが原因になって賃貸申し込みを断られることが殆どになります。

スポンサードリンク




 

 

職業や安定収入、連帯保証人がいない等の理由で物件が借りれない。

 

通常、何かのものやサービスを購入する場合、お金を払えば大抵のものやサービスは快く販売してくれるものなのですが、賃貸物件を契約する際には、誰でも笑顔で対応してくれるわけではなくて、残念ながら物件を貸す側に全ての決定権があるのです。

大抵の場合は、稼ぎがあってもフリーターやアルバイトの人、高齢で独身の人など、安定した所得がない人、不安定な職業の人が敬遠されてしまうことが多いですので、その場合で東京に引っ越す場合は、色々と物件探しで苦労することになります。

また、他にもよくあるのが連帯保証人になってくれる人がいないため、賃貸物件を借りれる状態であっても、貸す側が貸してくれない状態になっていることも多くて、結構この連帯保証人の問題で頭を抱えてしまう人も多いようです。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

東京で審査の優しいマンションならUR賃貸に相談してみます。

 

東京で賃貸マンションが思うように借りれない場合ですが、その際の対応策としてはUR賃貸に一度相談に行ってみると、案外すんなり物件を借りることが出来ることも多いため、家賃の支払い予算が毎月35万円以下の人であれば、最初にUR賃貸に相談に行ってみることを強くお勧めいたします。

UR賃貸でも誰でも簡単にマンションを契約できる訳ではありませんが、他の民間の不動産会社よりもかなり優しい条件で物件を契約できることが出来ますんので、都心のタワーマンションを希望しない限りはかなり安定して優しい審査をしてくれます。

その理由としてはUR賃貸は連帯保証人を必要としていませんので、マンションを借りる際の一番の問題を容易に解決することが出来ますので、この問題に頭を抱えている人であれば例外なくUR賃貸を選んでおいたほうが良い訳です。

また、UR賃貸は実はあまり安くないタワーマンションなどの物件がやたら目につくのですが、実際には団地のような家賃の安い物件もたくさん扱っており、そちらであれば年収の制限などの設定も優しくて、職業でお断りされることもありません。

UR賃貸は埼玉県にもありますので、東京の住所にこだわらないのであれば、埼玉県の家賃が8万円以下の物件、6万円台の物件も普通にありますので、そちらを選んで家賃を安く済ませる方法もあります。

東京にで賃貸マンションを借りるのであれば、審査の優しいUR賃貸がお勧めです。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年3月29日 — 1:38 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme