Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京では家賃6万円のアパートでも駐車場代が5万円

地方に住んでいる人は、東京の物価は高いと思っている人が多くて、東京で生活をしたいけど物価が高すぎるので無理だ・・・と諦めてしまっている人もどれだけいるのかわからないくらいですけど、実際にはすべての物価が高いわけではありません。

逆に、食品や日用品などは地方よりも安い場合がありますし、電車網が異常に発達している為、交通費は地方よりもかなり安くなる傾向がありますし、殆どの場所に公共機関を使って移動できる驚異的なインフラが用意されているのがポイントです。

信じられない話なんですけど、あの奥多摩ですらJRの電車に乗れば、渋谷とか品川とか、東京のど真ん中からある程度の時間は掛かるにしろ、車で移動するよりも早い時間で移動できる訳ですから、地方では考えられない電車網の発達ぶりなのです。

スポンサードリンク




 

 

東京では家賃6万円のアパートでも駐車場代は5万円。

 

東京の家賃は高すぎるといった話になることが多いんですけど、実際には家賃6万円位のマンションやアパートも沢山ありますので、全てのマンションが家賃20万円を超えているような物件ばかりではない為、探せば地方と殆ど変わらない家賃もOKです。

ただし、家賃は地方と殆ど変わらない物件があるとしても、車を所有する場合は話が変わってきてしまい、駐車場代は5万円前後が普通になることが多い東京では、車の所有をした途端、毎月の生活費が跳ね上がると言った状況になってしまいます。

駐車場がなくて、家賃だけなら実は5万円から6万円前後のワンルームのマンションも実は沢山有るので、地方と比べて物価が高いと言った訳ではないんですけど、やはり、駐車場代の高さは異常とも言える金額になっている為、地方の比ではありません。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


逆に言えば、車を所有しないのであれば、東京も地方も家賃はほとんど変わらず、若干部屋は狭いかもしれませんが、電車網やバスがほぼ全域を網羅している事や、24時間営業のスーパーも当たり前なので、生活自体は快適に感じることもあります。

 

 

東京に引っ越しをするなら家賃6万円以下のマンションを狙う?

 

地方と東京のマンションの家賃が同じくらいだったら、どちらも生活レベルは大して瓦なので地方の方が良いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、東京はコンビニのアルバイトの時給が1500円前後に設定されている世界ですから所得が違ってきます。

一般的に、企業に就職をして正社員として働いた場合でも、地方よりも東京の企業の方が待遇が良いことが多くて、それで家賃が殆ど同じくらいであれば、東京で生活をしたほうが生活水準が高くなる場合も少なくないので、この点が地方とは異なりますね。

地方の場合、アルバイトでも正社員でも東京で働くよりも待遇が良くなることは殆どありませんので、それを考えると家賃さえ同じ金額であれば、交通費の負担が少なくなる東京の方が生活にゆとりを持った暮らしを出来る事になります。

ただし、これは家賃が6万円以下のマンションで東京で生活をした場合であり、東京特有の家賃が20万円を超えるようなマンションで車を所有する生活をしたい場合は、当然地方よりも大幅に物価が高くなりますから、その場合は本当に物価は高くなります。

最初に地方から東京に上京する場合は、誰でもゼロからのスタートになるわけですから、家賃6万円以下のマンションやアパートを探して、そこから新しい都会の生活を始めて見るのがお勧めといえます。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年4月27日 — 2:56 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme