Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京への引っ越し|車を売却した方が良いかを教えます

地方に住んでいる人で東京に引っ越しをしないといけなくなった場合、多くの人が地方では車を所有しているのが当たり前ですから、引っ越しに合わせて車を売却するかを考える事になり、その件で大いに悩むことになるのですが、それには理由があります。

何故なら、東京の駐車場代は地方と比べて大変高額になり、一ヶ月30000円から50000円位の金額が相場になっていて、高い駐車場では毎月10万円を超えるような信じられないくらいの高額な駐車場代が当たり前のように請求される現実があります。

地方でしたら一ヶ月の駐車場代は実家なら無料ですし、月極でも500円から10000円前後の負担で済むことが多い為、多くの人が車を所有できる訳ですが、東京では駐車場代の高さは地方の常識を大きく超える金額になっているので本当にコストが掛かります。

スポンサードリンク




この場合、東京に引っ越しをする事が確定しまっている以上、車を売却したほうが良いのかどうか、それとも車を持っていたほうが良いのか、もっていった場合は生活が出来るのかどうかについて悩んでいる人が多いのでそちらについてご説明します。

 

 

結論から言えば東京に引っ越す際には車を持っていた方が良いです。

 

実際に地方から東京に引っ越しを行った経験者から言えば、東京に引っ越す際でも車を持っていったほうが何かと便利になりますので、可能であれば車を東京に持っていたほうが良くて、気になる駐車場代も工夫をすれば15000円位で維持できます。

東京では駐車場代が高いと言われていますが、それは港区や品川区等の中心部のことであり、足立区や埼玉県では毎月15000円位の駐車場代が相場になっていますし、最都心から離れると10000円位の費用負担で済むこともありますので、工夫次第なのです。

スポンサードリンク




地方でも地方都市なら駐車場代は10000円位の負担は当たり前ですから、15000円くらいになってもそれほどな負担になることはありませんし、東京では電車網が発達していると言っても、やはり車があると何かと便利なことには変わりありませんからね。

確かに家賃や駐車場代が毎月5000円程値上がりすると、生活が厳しくなると考える人もいると思いますけど、東京で働いた場合は地方よりも殆どの場合で年収が高くなっているので、それくらいの負担は私の経験上も特に問題はありません。

 

 

どうしても港区や品川区に引っ越さないといけない場合は売却も検討。

 

ただ、駐車場代が比較的安い足立区や埼玉県の物件ではなくて、都心の駐車場代が極めて高い品川区とか港区に引っ越しをしないといけない場合の人は、毎月30000円を超える駐車場代の負担が現実問題になりますので、車の売却も現実味が出てきます。

確かに東京でも車を所有していると大変便利なんですけど、駐車場代が毎月30000円とか50000円になってくると流石に便利さよりも、金銭的なコスト負担の方が大きくのしかかってくる為、その場合は一括査定等で車の売却をすることを検討していきます。

引越し先の家賃や駐車場代については、事前に確認ができる訳ですから、車を東京に持っていくことにより、金銭的な負担があまりに増大する場合は、事前に一括査定で売却を行い高く車を売却しておくか、暫くは実家に置いて様子見をするのも判断ですね。

1年ほど、車を実家に保管しておき、東京で車を使う様子が全く見えない場合や、金銭的な負担に耐えれそうにないとわかった場合は、その時に車を売却しても良いですし、車検の都合もあるでしょうけど、引っ越し=売却は焦らなくても良い感じです。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年5月8日 — 5:05 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme