Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京のタワーマンションに引っ越して住む方法

別に東京でなくても良いのかもしれませんが、タワーマンション自体が東京に沢山ありますが、地方から東京に引っ越しをしてタワーマンションに住む方法について知りたい方が多いようなので、どのようにしたら住めるのかについてご説明したいと思います。

最初にタワーマンションと言ってもグレードがかなり開きがありますので、森ビルの管理している六本木ヒルズレジデンスや虎ノ門ヒルズレジデンス、ラ・トゥール代官山やラ・トゥール渋谷等の住友系の高額物件などには普通の人は住むことは出来ません。

こちらについてはこれらの物件は、東京でも最高ランクに近いような高額物件ですから、家賃が100万円以上の部屋も当たり前のように設定されている為、賃貸契約を行う為にはそれに見合った年収や資産が必要になりますので、普通の人は無理なのです。

スポンサードリンク




資産や年収、安定した職業についている人であれば、森ビルやラ・トゥール系のタワーマンションを最初から積極的に調べていったほうが良いので、そちらを検討すればよいだけなのですが、もっと一般の人が契約できる物件でないと意味がありません。

 

 

年収500万円以上あればタワーマンションを契約することは可能です。

 

一般向けのタワーマンションであっても、家賃はそれなりに必要になりますので、賃貸契約を行う際にはある程度のあんしていた年収が必要になりますので、その際には不動産会社や物件によって異なりますが、年収500万円以上あれば契約は可能です。

ただし、民間の分譲賃貸物件によっては、年収700万円、年収1000万円と言った感じで、物件のグレードや管理会社、オーナーの意思に合わせて部屋別に最低必要な年収金額が設定されていますので、借りたい部屋の設定を確認することになります。

タワーマンションでも家賃の安い物件であれば、年収300万円でも契約することは可能なのですが、それ以下の年収の場合は賃貸契約そのものが難しくなることが多いですし、家賃の負担額があまりに多くなると生活に影響が出てきてしまいます。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


よって、東京のタワーマンションに引っ越して住みたい場合は、年収が結構重要になりますので、年収500万円以下の人の場合は、もうちょっと仕事を頑張ってみるか、東京の会社に転職を行い、年収をアップするようにしていくとご希望が叶うはずです。

 

 

東京のタワーマンションに引っ越して住みたい場合はUR賃貸を検討。

 

タワーマンションになるとどうしても家賃が高めに設定されていることが多くて、品川Vタワーなどでもお世辞にも広い間取りと言えない部屋でも毎月30万円くらいの家賃設定になっていますし、勝どきビュータワーでも25万円前後の家賃設定です。

これらの物件は駅直結物件ですから、品川Vタワーが駅直結なのかは若干微妙であっても、大凡の東京の一般的な都心部のタワーマンションの家賃相場はこれくらいなので、なかなか普通の生活をしている人にはハードルが高くなってしまいます。

また、契約時の審査の際には年収は500万以上、出来れば年収700万円以上と、ある程度の金融資産が必要になりますので、なかなか年収を高くすることは現実的には難しいこともあり、その場合はUR賃貸が一般庶民の頼もしい受け皿になってくれます。

例えば、東京ツインパークスやラ・トゥール汐留と同じ敷地内にある、アクティ汐留の場合、ワンルームでしたら16万円前後で契約をすることが出来ますし、その際に必要な年収は最低300万円だったと記憶していますし、年収500万円もあれば余裕です。

しかし、同じ敷地内の東京ツインパークスやラ・トゥール汐留は年収500万円では億単位の金融資産でもない限り絶対に契約することは出来ませんので、それを考えると一般の人でもお気軽にタワーマンションに住めるUR賃貸の存在価値は正に神と言えます。

悪いことは言いませんので、東京のタワーマンションに引っ越して住んでみたい場合は、年収300万円以上、出来れば年収500万円以上の源泉徴収票を入手できるようになった時点で、UR賃貸に相談に行けば、満足出来る結果になるでしょう。

年収3000万円とか年収1億円の人は、最初から森ビルやラ・トゥールがおすすめです。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年5月10日 — 5:44 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme