Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

UR賃貸で都心に住みたい人にお勧めな物件はアクティ汐留

一般的な生活レベルの人で、これから東京に引っ越して、東京の都心部で生活をしたい人に一番お勧めな物件といえば、個人的な主観ですがUR賃貸のアクティ汐留がおすすめになりますので、よろしければ検討してみて頂けると幸いです。

私はUR賃貸の関係者ではありませんが、都内の色々なタワーマンションを実際に見てきた感想で言えば、アクティ汐留は審査も厳しくなくて、都心の利便性の良い一等地にあり、家賃も物件の条件からすればかなり安い金額に設定されています。

家賃が安いと言ってもワンルームで15万円以上はしますから、普通の物件と比べるとかなり高く感じるかもしれませんが、汐留のど真ん中でこの家賃は他ではなかなかありませんので、ある程度の家賃を払える人なら利便性が良いアクティ汐留が良いのです。

スポンサードリンク




ただし、駐車場は50000円と消費税が必要になりますので、アクティ汐留で車を所有するのはかなり大変になるのと、駐車場の空きがない場合もありますので、事前に確認をしておかないと引っ越した後に駐車場が無くて困ることになります。

 

 

お金に余裕がある人はアクティ汐留の上層階にあるラ・トゥール汐留

 

当然ですが、お金に余裕がある人は森ビルの六本木ヒルズレジデンスや虎ノ門ヒルズレジデンスを契約したほうが幸せになれますので、UR賃貸のような庶民の味方的な物件でなくて、汐留が良いならラ・トゥール汐留を選択するのが最適になりますね。

アクティ汐留とラ・トゥール汐留は同じ建物内にあり、エントランスが違うだけですので、お金がない人やラ・トゥールの厳しい審査に受からない人はアクティ汐留に住めば良いですし、お金に余裕がある人はラ・トゥール汐留に住むのが良い判断です。

アクティ汐留の場合は家賃が40万を超えることはありませんが、ラ・トゥール汐留の場合は家賃が40万円の予算では住むことすら出来ませんし、最上階は150万円以上の家賃を支払える人でなければ引っ越しをすることすら出来ない高額物件です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


最初のエントランスは共用なんですけど、その先に在る1階のエントランス内には庶民的なデザインのアクティ汐留のエントランス、高級物件を感じることが出来るラ・トゥール汐留のエントランスがはっきりと別れているので、なかなか面白い物件です。

 

 

アクティ汐留の2LDKデザイナーズ物件は個人的にはお勧めできます。

 

アクティ汐留の一番安いワンルームの部屋は、ユリカモメに乗っている人から丸見えの低層階にありますので、カーテンを常に閉めたままの生活をしないと、部屋の中が丸見えになってしまう位なんですけど、まあ、家賃が安いので仕方がありません。

後は、高層階の2LDK以上の部屋の場合、東京ツインパークスと向き合っている部屋は結構良いデザインの部屋が用意されているんですが、北向きで日が当たらず、冬場はかなり寒かったのと、東京ツインパークスから丸見えなのがちょっと気になる感じです。

アクティ汐留でお勧めできる部屋と言えば、壁が動くタイプの部屋が用意されていますのでこのような間取りの物件は他のマンションではなかなかありませんから、興味があれば一度引っ越してみて頂きたいのですが、なかなか部屋が空かないのがネックです。

壁を動かすことが出来る間取りの場合、お風呂が二つあってビューバスで窓が付いている仕様になっているため、よくあるマンション内の風呂は電気をつけないと真っ暗で利用できないと言った状況にならず、電気をつけずに風呂に入る事ができます。

個人的にはこの2LDKの壁が動く部屋がお勧めでなんですけど、更に最上階にはこの部屋のデザイナーズタイプの特別な仕様の部屋が用意されていて、壁も床も天井も真っ白なので、白色が好きな人なら一目で興味を持つ部屋になっています。

アクティ汐留の2LDKの壁が動く部屋は滅多に空きが出ないのですが、部屋に空きがあるのを見つけた場合は、出来れば一度は引っ越して生活をして見て欲しい面白いデザインになっていますので、興味があれば引っ越してみては如何でしょうか?


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年5月15日 — 1:21 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme