Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

釣り好きな人が東京に引っ越すなら車があると大変便利

地方の人の話を聞いていると、東京に引っ越しをする際には車は使わないから売却をしてから引っ越したほうが良いと言った感じの話をしている人も少なくありませんが、実際にはそんなことはなくて東京こそ車があった方が移動がとても楽になるのです。

特に土日に出かける際には、東京近辺には魅力のある場所が近県に沢山ありますし、交通の便も発達していますから、車で移動をすれば群馬や栃木県などに大量の荷物を持ったまま移動することが出来ますし、人も複数乗せて移動することも可能です。

特に釣りが大好きな人であれば、東京に引っ越しをした際に車があるとこれほど便利なことはありませんから、地方から東京に引っ越しをするのであれば、可能であれば車を売却せずにそのまま、東京に持ってきたほうが多分、かなり幸せになれます。

スポンサードリンク




 

 

週休二日の会社が当たり前の東京では金曜日から連休が取れる。

 

地方で働いていると、完全週休二日制の会社がなかなか無くて、土曜日は午前中まで働いて日曜日が休みとか、隔週で土曜日が休みといった会社が多いんですけど、東京では完全週休二日制の会社が当たり前なので、転職をすると案外休みに都合がつきます。

その場合、金曜日の夜から土日を使って連休を取って遠方に車で出かける事が出来ますし、それくらいの時間が取れれば、大抵の場所に移動することが出来ますので、釣りが好きな人であれば、色々な釣り場に移動することが可能になります。

釣りをする場合、道具が沢山ありますし、クーラーボックスなども大型のものを持っていくことが多いので、電車での移動が困難な事が多くて、時間も早朝から深夜にかけて釣りをしたり移動をしたり、現地で車の中で寝たりと、車は殆ど必須になります。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


東京に引っ越しをする場合、地方では地元の魚しか釣ったことがない人でも、色々な場所に車で簡単に移動ができる東京では、転職した会社の休みも安定していて、週末の時間は釣りに専念が出来ますので、これほど便利なものはありません。

 

 

東京近辺には車でしか移動できない管理釣り場が大変多い。

 

関西には管理釣り場というものがあまり見当たらないのですけど、関東には管理釣り場が大変多くて、結構大規模な管理釣り場も多く、巨大なトラウトやニジマス、イトウなどを毛針やルアーなどで釣ることが出来ますので、結構人気スポットになっています。

管理釣り場だから自然の釣りとは違ってつまらないと思う人もいるかもしれませんが、相当巨大な管理釣り場も多くて、そこに放流されているトラウトやイトウの大きさは桁違いのサイズもゴロゴロいますから、普通に釣りを楽しむことが出来ます。

ただ、この管理釣り場なんですけど巨大な管理釣り場であるほど、車がないと移動できない場所にあることが大変多くて、電車で移動をするのは本当に大変な為、車があると釣りが好きな人ほど休みの時間を有意義に使えるので是非車を所有してほしいです。

群馬県や新潟県の自然の沢でイワナを釣る場合でも、車がないと移動すること自体が大変不便というよりも、車がないと現地に移動できませんし、車の中で仮眠を取ることも多いでし、何より大量の荷物や食料品も容易に持ち運べるのが最高に便利なのです。

釣りが好きな人であれば、東京に引っ越す際には、足立区や埼玉県でしたら駐車場代も15000円前後で月極が契約できますので、出来れば車を持って引っ越しをするようにしておきましょう。結構管理釣り場もお薦めですが中々釣れません・・・。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年5月22日 — 2:22 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme