Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京の雨の日には大きな傘を持たない方が良い理由と電車通勤

地方などで雨の日に通勤をする際には車通勤の人が殆どでしょうから、別に雨が降っても問題ないでしょうし、歩いて通勤通学をする人ならなるべく大きな傘を持つでしょうし、自転車通勤の人なら雨合羽着用でしょうから、特に雨でも問題はありません。

しかし、東京の場合、雨の日の通勤通学と言えば、殆どの人が電車を利用することになりますので、他の人の迷惑になったり、想定していないトラブルになったりすることを考えると、大きな傘を持つのは止めたほうが良くて、折りたたみの傘がお勧めです。

東京でも自転車通勤をしている人が最近は増えてきていますが、そういった人でも雨の日には電車を利用して通勤していることが多くて、地方とは異なり、別に自転車で通勤をしなくてもよいのですが、あえて健康のためやお金の節約でそうしているのです。

スポンサードリンク




 

 

東京の雨の日には大きな傘を持たないほうが良い理由。

 

一度でも、東京の通勤通学時間帯の超満員電車に乗ったことがある人ならご存じだと思いますが、無理やり後ろから駅員に背中を押されて押し込まれる事も少なくなくて、毎日そのような状態で満員電車に乗らないといけない光景が日常になっています。

その際に、大きな傘を持っていると邪魔になるだけではなくて、他に人に傘が接触してしまい思わぬトラブルに成ることもありますし、傘が濡れている場合は尚更トラブルになる要因しか在りませんので、大きな傘は持たないほうが良いことが多いのです。

電車の中に無理やり押し込まれる状態になると、そのままの格好で次の停車駅まで移動することになりますから、その際に傘が周辺の人にとっては凶器になるような突起物として認識されることが多いですし、傘が変な方向に向いてしまうとそれは大変です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


大きな傘のほうが濡れにくいこともありますので、駅から出て会社に歩いていく際にはとても安心感がありますので、ついつい大きな傘で通勤してしまいがちですが、超満員電車に乗るような人は、もしものことを考えると折りたたみ傘の方が安心です。

 

 

雨の日に大きな傘を使いたい場合は通勤時間帯を調整します。

 

自宅から駅、駅から会社までの移動の際には、雨が降っていると大きな傘の方が安心感があるんですけど、雨も濡れにくくなりますし、スーツが汚れないですし、それだけを考えると大きな傘のほうが良いことばかりでも電車通勤だと色々と厄介です。

その為、雨が激しくて徒歩で駅から会社に行く間に折りたたみ傘だと濡れてしまいそうな場合、超満員電車状態になる時間をあえてずらして通勤をすることにより、比較的余裕がある電車で通勤をすることが出来ますから、通勤時間をずらしてみましょう。

大量の人が同時に動くのは殆ど8時から9時位の時間帯ですから、それ以外の時間帯で通勤をすれば、あれだけ超満員だった電車の中がガラガラになっていたり、状況により座れる状態で電車がホームにやってくることがあるので驚きなんですよね。

それくらいの電車であれば大きな傘を持っておいたほうが、雨の日には安心感が強いですので、他の人に迷惑をかけない状態で電車を利用することが出来ますし、余計なトラブルに巻き込まれることもありませんので、その辺を判断していきましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年5月26日 — 2:24 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme