Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

都内で350ミリのコーラー缶を買うならマルエツが42円

気温が高くなってくると、ドリンクやビールなどの売上が一気に高くなってきますけど、最近では自動販売機でジュースを購入する場合でも、100円では購入できなくなってきていて150円位の予算がないとジュースすら買えなくなってきている時代です。

かつての時代は消費税もなくて100円もあればどのジュースも購入出来ていたんですが、消費税の影響でいつの間にやらジュース1本買うだけでも120円とか130円と家のお金がないと買えなくなり、150円あれば大抵のジュースが購入できる状況です。

コンビニに行ってもジュースは安くないので、100円では購入できない事が殆どですし、コーラーやジンジャエールなどの炭酸飲料水に関してはスーパーで買えば1.5リットルが150円位で買えますけど、大抵の場合で350ミリリットルでも100円以上です。

スポンサードリンク




 

 

マルエツなら缶コーラーが1本42円なので大変お得です。

 

この場合、都内でよく見かけるスーパー、マルエツに行けば、350ミリリットルのコーラーやジンジャエールが1本税込みで42円で購入できますので、大変経済的かつお得に炭酸飲料水を購入できますから、マルエツでまとめ買いをしておくと何かと便利です。

以前はもっと安くて税込みで30円ちょっとくらいだった記憶があるのですが、消費税の増税に合わせて税込みで42円に値上げされてしまって若干たかくなってしまいましたけど、それでも他で炭酸飲料水を購入するよりもかなり割安なのでお得ですね。

スポンサードリンク




種類はコーラー、オレンジ、グレープ、レモン、ジンジャエール、純炭酸水の5種類くらいだったような気がしますが、350ミリリットルで飲みきりで購入できますし、種類もバリエーションが多く1本42円なら3本購入しても120円ちょっとになります。

350ミリリットルの缶コーラーを購入するメリットは何と言っても、炭酸が抜けにくいことであり、一人でコーラーの1.5リットルボトルを購入してきた場合、一度蓋を開けて冷蔵庫に保管していると次第に炭酸が抜けていくデメリットがあります。

 

 

飲みやすい350ミリリットルの炭酸飲料水が42円は多分安いです。

 

マルエツのコーラーはコカコーラーではなくて、アメリカから輸入した他の会社のコーラーとかジンジャエールなのですが、飲んでみてもそれ程コーラーと変わりませんし、何より料金が安いので、普通の人なら購入しない理由が全くありません。

マルエツなら、コーラーとかグレープを10本買っても420円ですから、まとめ買いして冷蔵庫に入れておいたら何かと役に立ちますし、マクドナルドで100円のハンバーガーやチキンクリスプを購入した場合でも、マルエツのコーラーならやすいです。

ただし、42円のコーラーとかは冷蔵庫で冷やした状態で売られていませんので、マルエツの店内の常温になるんですけど、マルエツは都内のスーパーの中でもエアコンを最強レベルでガンガンにかけていますので、多分、気持冷えているような気がします。

お子さんようにまとめて購入しておいても、毎日コーラーやグレープを飲んでも42円ですから、経済的にもお得になりますので、安いコーラーを求める場合で炭酸が抜けにくい缶タイプを探しているなら、一度マルエツに行ってみるのがお勧めです。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年6月15日 — 6:23 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme