Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で地下室付きの低層物件は24時間楽器の演奏が可能

最近では東京にはタワーマンションが沢山建設されていますので、タワーマンションに興味のある人も多いかもしれませんし、六本木ヒルズレジデンス等の高額なタワーマンションが大変有名なため、地方の人だとタワーマンションに関心がある人も多いです。

ただ、実際にはタワーマンションよりも低層マンションのほうが高額な物件が多くて、見た目は余り目立ちませんが、設備なども充実していて価格や家賃も高いことは多いですから、タワーマンションよりも低層マンションに注目をしてみるのもありです。

タワーマンションの場合は地下の部分は駐車場になっていることも多くて、後は巨大なタワーマンションの電力部であったりゴミを一時的に処理するための施設などが地下部分に用意されていることが多いですから、居住空間としては殆ど提供されません。

スポンサードリンク




タワーマンションの特徴としては上に高く筍のように伸びている建物の構造上、1階から上の部屋であればメゾネットタイプの部屋とか最上階なら天井が高い部屋のように自由度のある部屋が沢山あるのですが、1階から下には通常は部屋は用意されません。

 

 

低層マンションの場合は地下1階に部屋がある物件があります。

 

ラトゥール代官山の場合、例外的に地下1階部分と1階部分がメゾネットタイプになっている地下駐車場と直結しているガレージ付きの部屋もありますけど、ラトゥール代官山は低層マンションですから、タワーマンションではこのような部屋はありません。

低層マンションの特徴としては、高さがありませんし、建物を維持するための巨大な設備も必要無いことから、地下部分に余裕が持てる事が多くて、その際には1階の部屋には地下室が付いている部屋も用意されていて、これが案外利用用途が高いのです。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


地下室が付いている部屋の場合、防音性が大変高い部屋であることから、楽器などの演奏に使えますし、カラオケ部屋にして楽しんであり、巨大なシアタールームとして利用することも出来ますから、防音性能が高い地下室があれば何かと便利なのです。

マンションに引っ越しをする際に、まさか地下室が付いている物件があるとは想定していない人も多いかもしれませんけど、ある程度の物件以上の低層マンションの場合は、地下室が用意されている物件も普通にありますから、調べておくと便利です。

 

 

防音性能が高い地下室が用意されている物件があるとかなり便利です。

 

東京に引っ越しをして新しくマンションを契約してから、そこで生活をすることになった場合、意外にストレスになるのが騒音問題であり、巨大なタワーマンションであれば騒音はしないと思っている人もいるのですが、これが意外に騒音が発生します。

六本木ヒルズレジデンス等は防音効果が特に強いタワーマンションになっていますので、内覧をした際に壁を叩いてみるとわかりますけど、明らかに普通のタワーマンションより壁が厚さがあるような気がしますし、実際に防音効果が高いのが確認できます。

地下室の場合は、遥かにその上を行く防音性能がありますので、ピアノとかバイオリンとかを24時間好きな時に演奏することも出来ますし、バンドの練習とカラオケとか大音量でゲームをするとか、騒音問題が発生しない素晴らしい環境を用意できます。

個人的にはタワーマンションの最上階に興味を持つよりも、地下室が付いている低層マンションを探してそちらに引っ越したほうが、秘密の地下室のような場所で、騒音とは無縁の状態の空間を作り出せますので、出来れば調べておいて欲しい所です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年6月26日 — 1:44 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme