Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で選挙時の騒音問題を防ぐ為にも物件選びは重要

東京都知事選や東京都議選の選挙が近づくと、突然街宣車が近所でボリュームを最大にして演説を始める事が多くて、それで大変不快に思っている人もいるかと思いましすが、選挙の際の演説の騒音に関しては仕方がないと思って我慢するしかありません。

ただ、普段は全くそのような演説もせずに街頭で有権者に対して何かを訴えるなどもしない人達が、自分たちの都合で選挙の前になると大声で演説を繰り返すのは正直言って自己都合で自分の事しか考えてない証拠ですから、投票したくもなくなるものです。

また、内容が伴っていないのに無駄に演説が長い人が圧倒的に多くて、それを大音量で話し始めるものですから、聞いている方は苛立ちしかしないのですが、それでも長時間いつになったら終わるのかと思えるくらいその場で話し続けているのがいつもの光景。

スポンサードリンク




 

 

選挙時の演説の騒音に関しては我慢するしかないのが現状。

 

選挙が終われば全く演説もしなくなり、何処で何をやっているのかすら分からない立候補者に関しても、一部まともな演説をしている人もいますが、大多数が意味がないとか、騒音にしか感じない演説をしているものですから、困った問題なのです。

これが右翼団体であるとか、訳の分からない宗教団体が行っている凱旋の騒音でしたら、警察に相談することも出来るのですが、選挙の際の騒音問題については、警察に相談することも出来にくい現状がありますので、ひたらすら耐えるしかありません。

演説の中身があり、ぜひ聞いてみたいとか、投票してみたいと感じるくらいの候補者でしたらそれでも良いのですけど、殆どが聞く価値がなくて、こんな人に投票する訳がないでしょうと感じるような中身のない演説をすると逆効果になっている気もします。

スポンサードリンク




東京での選挙の演説ですが相当煩い騒音を出している車が沢山やってきますので、あまりにうるさい場合は窓を締めて対応するとか、ヘッドフォンを着用して大音量でクラシック音楽などを聞きながらリラックスして凱旋の騒音に対抗していきます。

 

 

東京では防音効果の高いマンションが多いので窓を閉めれば解決。

 

地方の場合は、木造の一戸建てが多くて選挙の煩い演説が始まるというよりも、車で移動しながらウグイス嬢がマイクで演説をしている事が多いのですが、その際にも窓を締めても結構な騒音が室内に入ってくることが良くあります。

東京の場合は、首都高速とか電車の騒音があまりにひどいので、それの騒音問題を解決するために結構防音効果の高いマンションが多いですから、窓を完全に締め切れば選挙の演説の騒音から開放されることが多いこともあり案外窓を締めるだけで解決します。

普段は全く有権者のことなど考えていない人達が自分たちの選挙のときだけ大声で寝ている人を起こすくらいの騒音で自分勝手な演説を繰り返す日本の選挙に関しても、何とか改善して欲しいのですが、こちらについては自己防衛するしかないようですね。

東京の選挙は特に騒音が酷いことが多いので、物件を選ぶ際には窓を締め切った外の騒音が入ってこない物件を選ぶか、それが難しければ選挙時の騒音対策にヘッドフォンを事前に購入しておき、イライラしながら室内で長時間耐えるのを防ぐのがお勧めです。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年6月29日 — 2:00 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme