Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で家賃が高くなる理由は先入観を持ってしまうから

東京といえば、家賃が大変高い事で有名であり、毎月20万円位の家賃が当たり前だと思っている人も多いのですが、実際には地方と同じくらいの家賃のマンションやアパートも多くて、目立たない物件が多いので殆どの人がそれを知らないだけなのです。

日本の首都である東京の家賃が万が一安い場合、それだけで国力が大幅に下がることになりますので、家賃が高い物件が沢山有るのは仕方がないのですが、ある程度の生活レベルを求めた場合は急激に家賃が高い物件を選ぶことになるのが少々厳しい所です。

ただ、家賃が高い物件になると、ディスポーザーは当たり前のように設置されているため、生ゴミが発生することなく全ての生ゴミを下水から処理できますし、24時間いつでもゴミを捨てれる環境なども用意されていますから、快適さは最高になります。

スポンサードリンク




 

 

地方の生活を同じくらいの環境で良いなら家賃は安くなる。

 

地方では、ゴミの収集は決められた日と決められた時間に行わないといけないことが多くて、生ゴミの処理なども大変な事が多いのですが、ディスポーザー付きのマンションなどは生ゴミを保管する場所も必要がなくなりますので、出来ればほしいところです。

東京で家賃が高くなってしまう理由の一つが、ある程度の快適な生活が出来る環境や物件を要求してしまうことであり、駅から近くないといけないとか、オートロックがついてないといけないとか、それをやっていると家賃は確実に高くなってしまいます。

多くの人が駅から近い物件でないといけないと思って、徒歩5分とか書かれている物件を優先したり、オートロックがついている物件、タワーマンション等を優先しているから家賃が高くなってしまうのであり、地方と同じ環境を選べば家賃は高くなりません。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

地方で物件を選ぶ感覚なら東京でも家賃は確実に安くなる。

 

地方でしたら、駅から近い物件を選ぶ人などおらず、駅から遠くても近くても車で移動をする人が殆どですし、オートロックがついている物件とか、タワーマンションを選ぶ人も居らず、純粋に住みやすくて生活がし易い物件を選ぶ人が殆どの筈です。

現実的には東京で車通勤をするのは殆どの場合で不可能になりますので、電車通勤を前提にして引越し先を選ぶのは仕方がありませんし、通勤時間の問題も発生するのですが、探せば品川区や港区でも家賃5万円位のアパートは沢山あります。

東京に引っ越しをする場合、少しでも良い物件に引っ越したいと思う人が多くて、家賃5万円位のアパートなどをは検討しない人が多いのですが、賢い人は品川駅に自転車で10分位で移動できる家賃5万円位のアパートを契約して東京で生活をしています。

 

 

東京でもワンルームなら5万円で一戸建てでも8万円で生活が出来ます。

 

家族連れでも埼玉県に住めば家賃8万円で4LDKの一戸建てを借りることが出来ますので、そこに車を2台所有して家族で生活をしている人もいますから東京は家賃が高いので10万円、20万円の家賃でも仕方がないと思うのはちょっともったいない考えです。

情報を知っているか知らないか、東京は家賃が高いのが当たり前だといった変な先入観を持って物件探しをしているかいないかでも大きく物件が変わってきますので、本来の自分の予算に合わせた物件を探すまでは、妥協しないことをお勧めいたします。

お金が有り余っている人の場合は、最初から森ビルさんに物件の相談に行き、六本木ヒルズレジデンスとか元麻布ヒルズレジデンス等を内覧して、家賃200万円位の部屋を借りると良いでしょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年6月30日 — 2:07 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme