Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京湾の管理釣り場で海釣りをするなら最初から品川の乗合船がお勧め

東京に引っ越してきてから、海の防波堤を使った色々な管理釣り場があるのを知って、千葉県とか神奈川県の管理釣り場に車で釣りに行ってみたんですけど、料金がやたら高くてゴカイもちょっとこれは高すぎでは?と思えるようなボッタクリ価格でした。

また、防波堤全体を管理釣り場にしてるところが多いんですが、現地について周辺を見るとやたら人が多くて一人が沢山の竿を並べて釣りをしている状態で、殆ど猿が芋洗をしているような感覚で、地方で釣りをしてきた人ならちょっと理解不能な状態です。

更に海がとても汚くて透明度はもはやなく、茶色く濁って泡やゴミがプカプカ浮かんでいる状態であり、これで釣りをするのは大変難しいのはないかと思いますし、それ以前に誰でも魚を釣っている人が居らず、これでお金を取って釣りをするのか?悩みます。

スポンサードリンク




 

 

東京近郊の管理釣り場はやたら大きな魚の魚拓が沢山貼られている?

 

東京近郊の海岸沿いの管理釣り場は売店のような室内の事務所に行ってみると、そこでゴカイを500円から1000円位で販売しているんですが、そこら中に大きな魚の魚拓が貼られている事が多く、知らない人が見たらこの釣り場で釣った魚のように感じます。

これって悪質な詐欺商法のような気がするんですが、巨大な石鯛とかスズキとかこの防波堤ではどう逆立ちしても釣れないだろうとしか思えない魚の魚拓が沢山貼られているのは地方の釣り場でもよく見かけるのですが、この釣り場では無理ではって感じです。

神奈川県とか千葉県の防波堤を利用した海の管理釣り場に行ったものの、全然魚を釣っている人がいないことや、あまりにも人が多すぎてこんな場所でお金を払ってまで釣りをしたくないと言った状態でしたので、海の管理釣り場で釣をするのはやめました。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

東京湾で釣りをするなら管理釣り場よりも乗合船のほうがお勧めです。

 

東京で海釣りをする場合、お金をケチって防波堤を使った管理釣り場で釣をするのであれば若干お金はかかりますけど、乗合船にのって沖に釣りに出たほうがマトモな釣りができる事が多く、費用は1回15000円から30000円位かかりますけど、釣りが出来ます。

東京の釣りしか知らない人なら、東京や付近の防波堤を使った魚がつれている現場を見たことがない管理釣り場で大勢の人に囲まれて釣りをするのが普通なのかもしれませんが、地方で大物を何度も釣っていた人でしたらやはり最初から乗り合い船ですね。

実際に乗合船は意外にも都心の品川から出ている船も多く、午前5時から6時位に乗り場に行けば良いだけなので、管理釣り場のように車が必要になることもなく、始発の電車に乗って現地に行けばよいだけですから、やはり乗合船がお勧めになりますね。

 

 

乗合船で釣り場に行ってもボウズで戻ってくる人もしばしば・・・。

 

乗合船で東京湾の沖に出れば釣れるポイントに移動することは出来るのですがそれでもボウズで1匹も釣れない人も稀にいますので、乗合船なら絶対に希望通りの釣りが出来る訳ではなくて防波堤で釣れない魚を釣っている人と同じ結果になる場合もあります。

乗合船の利用料金は決して安くありませんから30000円位近いお金を使ってボウズで終わってしまうと、納得が出来ないかもしれませんが、まあ、乗合船での釣りは休日を一日フルに使って非現実的な都会を感じさせない釣りが出来るので損はありません。

何度か乗合船を使って釣りをしていれば、その内ポイントでの釣りのコツが分かってきますし、もっと自分のペースで釣りをしたい人はプレジャーボートを購入して羽田沖で釣りをしている人もいるんですけど、プレジャーボートになると費用が掛かります。

魚よりも人の方が多い防波堤の管理釣り場で、釣れない魚を延々と釣ろうとして汚い海の近くで時間を過ごすよりも、東京湾の沖に出て青々とした海で乗り合い船の上で釣りをする方がオススメですし、一番の方法はプレジャーボートで釣りをすることです。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年7月24日 — 10:58 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme