Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京の一人暮らしで癒しを求めるのなら水槽で熱帯魚飼育

地方から東京に引っ越してきた人であれば、毎日のように満員電車に乗って会社に通勤することになり更には残業が当たり前の会社が大変多い為、1日の大半を通勤と会社で過ごしている人も少なくなくてその結果、多大なるストレスを抱えることになります。

これは地方から東京に引っ越した人であれば、誰しもが経験することであり、東京で働く環境の過酷さを物語っているのですが、いくら綺麗なオフィスで働ける環境があると言っても通勤時間の長さや満員電車、毎日の残業が続くと精神的に参ってしまいます。

そこで、東京では癒しを求めている人が圧倒的に多くなるんですけど、地方のように犬や猫を簡単に飼育できる環境に住んでいる人はそもそも、満員電車などとは無縁の高級マンションなどに住んでいることが多くて、普通の人は簡単には犬や猫は飼えません。

スポンサードリンク




 

 

東京の一人暮らしで癒しを求めるのなら水槽で熱帯魚飼育。

 

東京の一般的なマンションやアパートでは犬や猫の飼育は禁止になっている物件が殆どなので、犬や猫の飼育が許可されているような分譲賃貸や高級賃貸マンション等は家賃が高すぎて普通の人は簡単には犬や猫の飼育ができない環境になっっています。

無断で犬や猫を飼育している人が相次いでいるんですけど、当然飼育が禁止されている物件でそのような犬や猫の飼育をしているとトラブルになる元ですし、そもそも他人の迷惑行為になるだけですから、一般常識があるなら絶対にしないようにしましょう。

そこで、自宅内で癒やしを求めるのであれば何が良いかと言えば水槽で熱帯魚を飼育するということであり、熱帯魚の飼育が禁止されている賃貸物件はこれまで一度も見たことがありませんので、安心して室内で癒し系のペットを飼育することが出来ます。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

残業で殆ど自宅にいない人でも自動飼育が可能な熱帯魚。

 

犬や猫の場合、長期間の放置や自動での飼育などは結構難しいのですが、水槽の中で飼育している熱帯魚の場合、完全に飼育を自動化出来ますので、2週間に1回位の水換えだけやっておけば、後は飼育器具を揃えておけば何もしなくても飼育が可能です。

必要になるのは水槽やろ過装置、照明器具やタイマーなどであり、後は出来れば水槽クーラーと水槽用のヒーターをセットしておき、自動えさやり器で自動的に餌を与えるようにしておけば、飼育者は何もしなくても後は勝手に飼育環境が稼働するだけです。

熱帯魚でもある程度大きくなると、人に懐くようになりますので、犬や猫のように膝の上に置くことは出来ませんが、水槽のガラス越しに愛嬌よく反応したりしてくれますから、自宅内で完結出来る癒やしのペットと言えば熱帯魚が最もお勧めなのです。

 

 

病院のロービーや飲食店等で熱帯魚の水槽を見かける理由は癒やし。

 

病院や飲食店に行けば大きな水槽がセットされていて綺麗にレイアウトされている現場をよく見るかと思いますが、あれは水槽による癒やし効果を得るために設置しているもので、熱帯魚が周囲の人に与えるいやし効果は大変高いので、皆さんそうしています。

特に飲食店には本当に巨大な水槽が設置されていて大量のクマノミなどが群れで泳いでいるのを見ると、ついつい時間を忘れてそれを見てしまうのですが、同じような環境な自宅の寝室にあれば、イライラやストレス等が緩和されて安眠出来るわけなのです。

飲食店や病院などにある巨大な水槽の設置はできないかもしれませんが、60㎝水槽であれば一般家庭に設置するなら十分問題ありませんし、クマノミやサンゴの飼育も普通にできますので、海水水槽は若干難しいですが購入の価値は十分にあります。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年8月1日 — 11:04 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme