Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で家賃10万円位のガレージ付きアパートはセカンドハウス?

東京で車が好きな人であれば、ラ・トゥール代官山のCタイプのガレージ付きのお部屋が最もお勧めになるんですけど、家賃が毎月200万円前後と大変高額な金額になっているので分離課税で儲かっている人か経費で半分落とせる人位でないと厳しい物件です。

ですから、車が好きな人がガレージ付きの物件を探す場合、諦めるしかないのかと言えばそうではなくて、最近では東京というよりも埼玉県の郊外などにガレージ付きのアパートが結構建設されていて、家賃も毎月10万円位と安いので結構人気があります。

相続税対策などで土地を潰して普通のアパートを建設するよりも、ガレージ付きのアパートにして特化した人を集めたほうが空室率が少なくなりますし、家賃相場も普通のアパートよりも高くなりますので、今後もこのタイプの物件は増えるかもしれません。

スポンサードリンク




 

 

東京で家賃10万円位のガレージ付きアパートはセカンドハウス?

 

何件か、東京や近郊でガレージ付きのアパートを見に行ったんですが、確かにガレージと呼べる部分が1階部分に用意されていて、その上の2階の部分が居住スペースになっているんですが、正直言ってメインの住宅ではなくてセカンドハウス的な内装でした。

内装の作りも安っぽくてキッチンなども簡素的なものであり、部屋は2階の部分がワンルームになった作りですし浴室がない物件も多くて簡素的なシャワールームだけが用意されているような感じで、正直ここで生活をするのは難しいと思える内装でした。

セカンドハウスとしてガレージ付きのアパートを契約するのであれば良いのでしょうけど、ここで居住して生活をするのはかなり厳しい環境であることが多くて、また都心から離れた不便な場所にあることも多く、電車通勤の方には全く向いていません。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

ガレージ付きのアパートを選ぶ際には一戸建てのようなタイプ。

 

ラ・トゥール代官山のガレージ付きの部屋は大変豪華で防音効果も高く、2階部分の居住スペースも正に豪華な高級マンションと言った作りになっているんですけど、家賃が10万円くらいのガレージ付きのアパートはやはり、セカンドハウス的な物件です。

このタイプのガレージ付きのアパートには2階建てアパートの1階部分がガレージになっているような物件と、一戸建てのコテージのような物件の1階部分がガレージになっている物件があるんですけど、選ぶのでしたら一戸建てコテージ物件がお勧めです。

その理由は、内装が安っぽい事も関係あるんですけど、アパートタイプの物件は兎に角隣の部屋との壁が大変薄いため、レオパレスのアパートの1階部分がガレージになったアパートを想像すれば分かるんですが、音漏れなどがかなり酷いと感じました。

 

 

家賃10万円でガレージのアパートを借りるなら妥協が必要ですね。

 

東京やその近郊ではガレージ付きのアパートが増えてきていて、家賃も10万円前後とお求めやすい価格になっているので、ついつい興味を持ってしまうんですが、実際には普通のマンションを契約して駐車場を借りたほうが住居は全然快適になります。

ガレージ付きのアパートがある地域は、駅から離れている辺鄙な場所が多いことや、作りが安っぽくて音漏れやプライバシーなどの問題があること、風呂やキッチンなどがかなり安っぽい作りになっていることなどから、それを事前に知っておくべきです。

それでも、車をガレージに保管して、整備などを自分でしたい場合はガレージ付きのアパートを選ぶのもよいのですが、東京の会社に電車で通勤をする場合、恐らくは通勤が大変苦痛になってしまって早々に引っ越すことになりかねませんのでご注意下さい。

ラ・トゥール代官山でしたら最高なんでしょうけど、家賃が高すぎるので何か事業を起こして成功をしたような人手なければ、とてもではありませんが、敷金すら支払えない金額なので、ガレージ付きのアパートを選ぶ場合は妥協点を調整する事になります。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年8月3日 — 11:05 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme