Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

高級賃貸はどういった人が借りるのか仕組みを知ると分かりやすい

地方であれば高級賃貸と言っても家賃は精々10万円くらいであり、一戸建てでも家賃は3万円位で借りれることも多いですし、最近では空き家が増えてきているので地方に行けばかなり安く住宅を借りれることが多いので、高級賃貸は殆ど存在しません。

ところが、東京の場合は高級賃貸と呼ばれる賃貸住宅や賃貸マンションが沢山存在していて、その家賃設定も毎月100万円を超えるような物件が普通にありますので、初めて見た人は驚く人も多いのですが、世界的に見れば実はそれ高い訳でもありません。

日本の首都の高級賃貸物件であれば、高くても当たり前の世界ですけど、それ以前に毎月の家賃が100万円を超えるような物件をどのよな人が借りているのかを知っておけば、実はそれほど高いわけでもないことがよく分かりますし、一般物件とも違います。

スポンサードリンク




 

 

高級賃貸はどういった人が借りるのか仕組みを知ると分かりやすい。

 

日本の高級賃貸と呼ばれるマンションの家賃は、毎月50万円から500万円を超えるものまで、そのグレードによってかなりの開きがあるんですけど、どれも共通して言えるのは、法人名義で契約が前提の物件が多くて、会社の経費で家賃を払っていることです。

多分、地方の一般的な賃貸マンションに住んでいる人でしたら、家賃は自分のお金で払うものだと言った認識があるのでしょうけど、高級賃貸の場合は法人で契約をして法人の経費で支払うのが普通ですから、儲かっている会社の節税対策も兼ねている訳です。

恐らくですけど、高級賃貸の家賃の支払いを経費で落とせなくなり全額所得の中から自腹で支払わないといけなくなったら、殆どの人が割高な家賃の高級賃貸マンションを借りることが無くなり、もっとお手頃物件か分譲マンションを購入すると思われます。

スポンサードリンク




 

 

高級賃貸に住むには事業経営者になるのが一番は早いです。

 

東京にある高級賃貸マンションの家賃を自分のお金で支払うと思うから高く感じるわけで、儲かってしまって多額の税金を取られるような会社の経営者になった場合は、税金で持っていかれるのであれば、可能な限り経費として計上できれば色々メリットです。

それで高級賃貸マンションを契約してその家賃を経費で支払うわけなのですが、これは普通の会社員やアルバイトでは大変難しいですから、高級賃貸に住むのであれば、事業経営者になるのが一番早い選択方法であり、他には投資家にでもなるしかありません。

高級賃貸の場合、家賃も100万円を超えていますが、敷金などを含めると賃貸マンションなのに契約時に1000万円を超えるお金が必要になることも少なくないので、それだけでも相当な所得か資産がないと借りることすら出来ないのはよくわかりますね。

 

 

高級賃貸を法人で借りる場合でも全額経費で落とせるわけではない。

 

では、法人を立ち上げて儲かれば高級賃貸の家賃を全額会社の経費で支払えるので、かなりお得になると思うかもしれませんが、全額100%の家賃を経費で落とせるわけではありませんので、高級賃貸の間取りと豪華さを基準にして落とせる金額が決まります。

一般的には共用部分のスペースも含めて99平米以下のマンションであれば、かなりの金額が経費として落とせるので一番オトクなのですが、共用部分のスペースにはベランダや廊下なども含まれる計算になるので、それを考慮して広さを計算します。

一般的に六本木ヒルズレジデンス等の100平米を超えている高級賃貸の場合は家賃の50%を経費として落とすことが出来ますので、残りの50%分は個人への所得分から支払うことになるため、大体家賃の半分くらいは会社の経費で落とせる計算です。

注意点としては、豪華住宅に相当するあまりに豪華な高級賃貸の場合は、経費で計上することが出来ませんが、プールがついているとか一般常識的に豪華すぎるし広すぎるような高級賃貸の場合は、経費として落とせない場合があるので事前に確認します。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年8月4日 — 10:56 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme