Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京のタワーマンションに住むにはUR賃貸なら年収300万円でOK

東京に沢山建設されているタワーマンションですが、地方で生活をしている人なら東京に引っ越した際にはタワーマンションに住んでみたいと考える人も多いのですが、相当なお金がないとタワーマンションに住むことが出来ないと思われている方が多いです。

地方から東京の羽田空港に到着してモノレールで浜松町まで移動をしていると、途中で巨大なタワーマンションを沢山見ることが出来ますので、それを見て東京に引っ越したらこういったタワーマンションで生活してみたいなと感じるのは普通の感覚です。

では、都内のタワーマンションに引っ越して生活をするにはどれ位の年収が必要なのかと言えば、実際にはタワーマンションでもピンきりなので、上を見れば年収2億円クラスになりますし、下を見れば年収300万円位あれば普通に契約することが可能です。

スポンサードリンク




 

 

東京のタワーマンションに住むにはUR賃貸なら年収300万円でOK。

 

六本木ヒルズレジデンスCの最上階の部屋とか、低層ですがラ・トゥール代官山のペントハウスの部屋などでしたら毎月の家賃は500万円を超えますので、最初の入居の際に3000万円以上のお金が必要になりますので、もはや別次元のマンションになります。

これらの物件は東京でも最も高額な家賃の物件になりますので、都内でもトップクラスの富裕層が住んでいる物件だと思えば分かりやすいですから、一般の人はもっと庶民的なタワーマンションの物件を見れば、実はUR賃貸であれば年収300万円でも可能です。

年収300万円でもタワーマンションに住めるのであれば、地方から東京に転職をして引っ越す普通の会社員やOLの人も住むことが出来ますし、実際に住んでいる人も多いのですが、年収300万円では家賃は10万円位のワンルーム物件になることが殆どです。

スポンサードリンク




 

 

年収300万円で家賃10万円位のUR賃貸のタワーマンションに住む。

 

家賃が10万円なら年間の総家賃は120万円になりますので、年収300万円の会社員奈良手取りが240万円として、残りの120万円で余裕で生活をすることが出来ますし、無理をすれば、家賃15万円位までの部屋だって契約することが出来るのがUR賃貸です。

民間のタワーマンションの場合、年収が700万円以上はないと簡単には部屋を契約してくれませんし、連帯保証人や収入証明なども厳密に行うことが多いのですがUR賃貸の場合は、家賃が300万円、500万円の区分になっていてかなり審査が甘いのが特徴。

その為、オートロックなどや監視カメラなどがあり外部の人間が侵入しにくいタワーマンションは若い女性からも好まれることが多くて、東京では年収300万円から500万円位は普通ですから、結構若い女性が単身で部屋に住んでいることが多いのも特徴です。

 

 

東京のタワーマンションは別に普通の会社員でも住むことが出来ます。

 

東京のタワーマンションに引っ越したい場合、年収が700万円以上あれば民間の品川Vタワーなどは女性の方にも大変おすすめで、品川駅直結で夜間でも女性が一人で歩いて帰宅できる安心感のある立地ですし、場所的に何かと便利ですが若干高めですね。

品川Vタワーの場合は1LDKで家賃25万円位に設定されている事が多くて、UR賃貸の同じ間取りと比べたらかなり割高に感じますし、家賃10万円のタワーマンションの物件は流石にUR賃貸くらいしかありませんので、UR賃貸から調べるのがお勧めです。

ただ、UR賃貸で家賃が10万円位のタワーマンションの部屋は相当な人気がありますので、引っ越しをする1年位前から物件を探すくらいでないと、簡単には空き部屋を見つけることは出来ませんので、事前に物件探しをしていきながら転職も実現します。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年8月8日 — 10:56 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme