Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京に長期滞在なら引越し時に部屋が一つ多い物件がお勧め

地方から東京に引っ越しをした場合、あまりの家賃の高さから最初は家賃が安めの物件を選ぶ人が殆どだと思いますし、家賃というのは毎月の支払いが一万円増えただけでも苦しくなる事が殆どなので、あと一万円の予算が厳しいのは皆さんご存知の通りです。

ただ、短期的に数年で東京から撤退するのでしたら、別になるべく安い家賃の物件の中から良い物件を選べばよいのですが、長期間において東京に滞在することになった場合、少し家賃が高くなるのでしたら部屋が一つ多い物件が絶対にお勧めになります。

その理由が、必ず荷物が増えていくことになりますので、例えばワンルームマンションで良いだろうと思ってそこで生活をしていくと、数年後には部屋が足りなくなり引っ越しをしないといけないとか人を呼ぶことが出来ない状態になることが多いからです。

スポンサードリンク




 

 

東京に長期滞在なら引越し時に部屋が一つ多い物件がお勧め。

 

ワンルームで良い人でも部屋が一つ多い1LDKのマンションを最初から借りていれば、全体的に間取りも広いですし、部屋が一つ余計にあることから荷物が増えた場合でも余っている使わない部屋に荷物を追加していけばよいだけなので何をするにも便利です。

その分家賃は1万円から3万円位、高くなる事が多いんですが、後々レンタルガレージを借りることになった場合は、毎月15000円位の費用が掛かることになり、利用できるスペースも畳1畳分か2畳分位しかないので、だったら自室を倉庫にした方が良いです。

東京やその近郊では最近はレンタルガレージがブームになっているようで、ワンルームの部屋を借りていた人が長期的に東京で生活をすることになった場合、荷物が増えすぎてワンルームでは生活が出来ないのでレンタルガレージを使うことが多いようです。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

引っ越しは簡単には行えないしお金もかかるので最初が肝心。

 

引っ越しというのは簡単には行なえませんし、お金も沢山必要になりますから、引っ越そうと思って直ぐに出来るものではありませんので、結局部屋のスペースが足りなくなったらレンタルガレージを借りることになる人が多いことを事前に知っておきます。

それだったら、最初の段階で数万円位の料金アップで部屋が一つ追加で借りることができていれば、何かと便利に利用できますし、荷物が増えなくても人が増えた時にスムーズに対応ができますし、友人や親族などが遊びに来た際でも手間暇がかかりません。

東京で一人暮らしを始めても、数年後には二人で恋人と生活することになる事は普通であり、家賃が大変高い東京では金銭の問題で恋人と同居するのは当たり前ですので、その際にも部屋が一つ多めにあれば即座に対応ができるので引っ越しも不要です。

 

 

レンタルガレージは結構割高で引越し費用も安くないのが東京の現実。

 

荷物が増えてきたらレンタルガレージを借りれば良いのかもしれませんが、自宅から離れた場所にある狭い部屋を毎月15000円以上で借りるのであれば、自宅の部屋が最初から一つ多めにあった方が絶対に便利ですから一つ部屋が多い物件がお勧めです。

どうしても金額的に部屋が一つ多い物件が難しい場合は、駅から距離が遠い物件を選べば、大抵は余裕で借りれることが殆どなので、駅に近い物件を借りても実際に生活を始めると殆ど意味がありませんので居住性を重視して物件選びをするようにしましょう。

最初は数年で東京を撤退する予定でも、その後に状況が代わってしまい、後々部屋が足りなくなって、レンタルガレージを借りることになり意味もない割高な費用負担をするくらいなら、最初から将来のスケジュールを決めて東京での生活に挑んで下さい。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年8月9日 — 11:36 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme