Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京でレオパレスを借りるなら自分でアパートを探した方が良い理由

地方から東京に引っ越しをする人の場合、これまで自分で引越し先を決めて引っ越しをした人と、他人に丸投げをして引っ越しをした人を見てきているんですが、大抵は他の人に丸投げをした場合はレオパレスを選んでいる人が多く、後々、後悔しています。

レオパレスは一見便利そうな物件が多いんですけど、見た目上の家賃が安く見えたり電気代が安く見えたりする印象もありますので、サイトでも多くの物件を独自に扱っているため、都内のいろいろな場所を容易に選ぶこともあり、土地勘のない人は便利です。

タダですねレオパレスの家賃は安く見えても実はあまり安い設定になっておらず、土地勘のない人なら相場的にそれくらいかな?、と思うかも知れませんが、実際にはその辺の相場よりも結構割高になっている上に作りも良くないので余りお勧めは出来ません。

スポンサードリンク




 

 

東京でレオパレスを借りるなら自分でアパートを探した方が良い理由。

 

特に学生さんや新社会人の人に多かったんですが、他人に丸投げをして言われるままにレオパレスの物件に引っ越した人と、自分で現地に何度も足を運んでなるべく理想のアパートを探した人ではその後の東京の生活で大きな結果が出てくることになります。

地方から東京に引っ越しをする際に土地勘が全くない人でしたら、何処を探していいかも分かりませんし、現地に移動するにもお金がかかりますから自分で調べるのも面倒なのでレオパレスに丸投げをして、金額と立地だけを見て物件を選ぶ人も結構いました。

レオパレスの家賃を見て、現地の事情を知っている人でしたら決して安いとはいないどころから、結構割高な家賃に設定されていて東京都内でしたら9万円位の家賃のレオパレスもあるんですが、実は9万円も出せばタワーマンションに住むことも可能です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

やはり騒音問題に耐えれなくなり地元に戻ってしまう人も多い。

 

レオパレスの物件全てに該当するのかどうか分かりませんが、都内の不便な場所にあるレオパレスを選んで引っ越した人が必ず経験するのが騒音問題であり、あまりにも音漏れが酷い物件が多くて、騒音に耐えれなくなって半年後に田舎に戻る人もいました。

トイレを流す音とか、話をする会話、テレビやラジオの音などが隣に丸漏れでプライバシーを守ることが出来ないことが多いので、自宅にいる時に最もストレスを感じるような状態になってしまって、仕事や学業に打ち込むことが出来なくなる状態になります。

騒音問題に全く関係ないとか、全く気にしない人なら別に何とも思わないのかもしれませんが、地方で生活をしていたのであれば、大抵は騒音問題にシビアになっている人が多いわけですから、都会のレオパレスの騒音問題に耐えれない人が多いわけなのです。

 

 

個人で現地に何度も足を運んでアパートを選んだ人は全然余裕。

 

土地勘がなくても、手間暇とある程度のお金をかけて事前に東京に何度も足を運んで、自分が引っ越したい場所の物件を必死になって探した人でレオパレスを選んだ人は一人もいないことが全ての答えになっているとは思いますけど、最初はけっこう大変です。

ただし、その分納得がいく品川区や港区でも家賃6万円くらいのしっかりとした鉄筋のアパートを見つけることが出来て、騒音問題とは殆ど皆無な状態で都内のアクセスが良い場所で生活をしている人が多くて家賃が8万円を超えるレオパレスよりも良いです。

どのような分野の話でもそうなんですが、最初に手間暇と時間をかけることが、その後に快適な結果をもたらすことになりますので、面倒でも多少のお金がかかっても、東京に引っ越す際には何度も現地に足を運んで、より良い物件探すのが一番おすすめです。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年8月23日 — 11:24 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme