Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で運転初心者が近寄らない方が良い国会議事堂と皇居周辺

東京都内は道路が大変広く綺麗に整備されているので、車の運転の練習をするには最適な場所が結構多いですし、平日は大渋滞をしている道路が多くて首都高速道路等は世界一料金が高い駐車場って言われるほどの渋滞が発生している道路になっています。

土日祝日の都内の道路はお昼くらいまではガラガラ状態になり、車の運転の練習をしたい初心者の人にとっては、正に水を得た魚状態になることも多くて、天気が良い涼しい春秋等は最高のドライブ日和になっていることもあり、練習には最高の環境です。

ただ、都内の道路の中でも初心者が近寄らないほうが良い道路というのがあり、湾岸道路付近や若洲ゲートブリッジ付近などは大変運転もやりやすくて、初心者の人でも運転に困ることはないですし、真っ直ぐで分かりやすいのですが、危険な場所もあります。

スポンサードリンク




 

 

東京で運転初心者が近寄らない方が良い国会議事堂と皇居周辺。

 

都内で初心者が運転の練習をする場合、国会議事堂付近や皇居周辺は出来ればあまり近寄らないほうが良い場所が多くて、標識やレーン、信号が分かりにくいことも多く、更には途中で車線変更が出来ないレーンもあるので運転の練習には向いていません。

カーナビを使って運転していれば良いだろうと思うかもしれませんが、カーナビを使っていても国会議事堂や皇居周辺では、運転に慣れている人でないと分かりにくくなっている立地も多くてカーナビを当てにしていると思わぬ事故に遭遇する恐れもあります。

できれば運転に慣れるまでは、皇居周辺や国会議事堂周辺の運転をしないといけない場合、運転に慣れている人にその区間はかわってもらって、土地勘を身につけ運転になれるまでは初心者の人が自分で運転をするのはカーナビがあってもお勧め出来ません。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

初心者の人が安心して運転の練習ができるのは環状線や湾岸道路。

 

運転に慣れていない初心者の頃は、誰でも最初は練習から始まることになるわけなのですが、国会議事堂や皇居周辺に行くのは止めておき、出来れば安全で分かりやすい環状線をぐるっと廻る運転をするとか、湾岸道路辺りを運転するなどがお勧めになります。

また、皇居周辺や国会議事堂周辺は何かあっても簡単にその辺に車を停車出来ないことが多くて、余計にパニックになってしまうかもしれませんが、湾岸道路や環状線等は車を用意に路肩に停車できることが多くてコンビニも多いのでトイレも安心なのです。

国会議事堂や皇居周辺を運転していると、初心者の人はどのレーンに入ったら良いのかわからないことも多いですし、信号待ちで戦闘になってしまった場合、交差点を超えてどのレーンを走行するのかわからなくなる場所も多く、結構な人が不安になります。

 

 

カーナビがあっても都内の運転はあてにならないことが多いのです。

 

都内の運転をする際に、最も注意しないといけないのがカーナビであり、カーナビの指示通りに運転をしていたら、コンクリートの壁に激突したなども普通にありますし、全然異なる場所を指示されて移動することもよくありますから、結構宛になりません。

また、レーンをカーナビが間違えることもありますし、カーナビの指示をドライバーが勘違いすることもよくあるのが、国会議事堂付近や皇居周辺になりますので、この周辺を運転する際にはやはり慣れと最低限の運転技術が身についていないと危険ですね。

カーナビを当てにしていいのは環状線や湾岸道路周辺の構造が簡単で分かりやすい道路であり、東京都内でも複雑で道路事情が分かりにくい国会議事堂周辺や皇居周辺に関して言えばやはりドライバーの慣れによるところが多いので、練習をしていきましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年9月11日 — 11:53 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme