Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

虎ノ門ヒルズレジデンスに引っ越すには毎月100万円位必要?

東京の高級マンションとして有名な虎ノ門ヒルズレジデンスは、六本木ヒルズレジデンスよりも新しくて2014年に建設された巨大なタワーマンションやオフィス、ホテルなどが複合的に一つのビルの中に共存している、新しい再開発地域になっています。

虎ノ門ヒルズレジデンスの管理者は森ビルですから、ラ・トゥールと同じく東京を代表する高級マンションになりますので、その家賃は大変高額であり駐車場料金も都内でトップクラスのお金が必要になるのですが、一体いくらくらい必要になるかといえば?

駐車場込みの場合は一番安い部屋でも毎月100万円近い家賃が必要になりますので、虎ノ門ヒルズレジデンスは普通の会社員やOLでは簡単には契約できない金額に設定されていますので、独立して沢山稼いで経費で半分落とす法人契約が基本になります。

スポンサードリンク




 

 

虎ノ門ヒルズレジデンスに引っ越すには毎月100万円位必要?

 

虎ノ門ヒルズレジデンスのような一般的に見て大変高額な家賃100万円クラスの賃貸マションに引っ越す場合は、税引き後の給与所得から高額な家賃を支払うのではなくて、税金対策で経費計上をして契約をするのが普通ですので、会社員は不向きです。

家賃100万円以上の物件で、税引き後の手取りからその家賃を支払う人は殆どおらず、分離課税の株式投資で儲かっている人なら手取りの金額から家賃を支払うことになるのでしょうけど、事業所得や給与所得の場合は半分経費計上してから支払います。

何れにせよ、今は虎ノ門ヒルズレジデンスに住むことは出来ないけれど、将来的に虎ノ門ヒルズレジデンスに引っ越しをしたいのであれば、自分で独立して事業を起こして経費として落とすか、法人の役員になり役員用の社宅として契約するかになりますね。

 

 

高額な家賃を所得で支払うのは勿体無いので経費で支払うためには?

 

将来的に虎ノ門ヒルズレジデンスに引っ越したい場合、駐車場代だけでも毎月10万円前後のコストがかかる超高級物件になりますので、家賃は最低でも毎月100万円前後の費用が必要になる都合上、この家賃を支払うためには当然それ以上の収入が必要です。

スポンサードリンク




この金額を支払うためには事業者やフリーランスなどで働く場合は年商で最低でも家賃分以上の売上を上げる必要があり、虎ノ門ヒルズレジデンスの一部の特別な部屋以外は豪華住宅に該当しないので、大凡で50%位の家賃を経費計上できる計算になります。

ですから、家賃100万円の虎ノ門ヒルズレジデンスの部屋を借りる場合、100万円の家賃の半分は経費で落とせますから、自分の所得からは半分の50万円でよく、殆どの人がこのような方法で経費計上をして高額高級賃貸マンションを借りている仕組みです。

 

 

50万円経費で落とせると言っても支払う金額は100万円になります。

 

虎ノ門ヒルズレジデンスの一番安い部屋を駐車場代込で契約する場合、毎月100万円位のコストが発生するんですが、虎ノ門ヒルズレジデンスには99平米以下の部屋がなかった気がしますので、これを法人の経費で落とすと半分の50万円は経費で落とせます。

ただし、虎ノ門ヒルズレジデンスの家賃を支払う金額100万円は変わりませんので、結局のところは、法人としてそれ以上の利益を上げる必要がありますので、儲かっている会社しか虎ノ門ヒルズレジデンスを法人契約できない状況は全く変わりません。

虎ノ門ヒルズレジデンスに引っ越すためには、事業を立ち上げて毎年数千万円、数億円の利益を出す事業を起こすか、そのような会社に転職をして役員になるしかありませんが、所得から全て支払うのではなくて半分は経費で支払うものだと知っておきます。

株の不労所得で分離課税でボロ儲けしている人なら、その利益から余裕で払えば良いですが、事業所得や給与所得から支払うのであれば、経費を最大に利用して、効率よく虎ノ門ヒルズレジデンスに引っ越しをして、都内でも最高峰の生活体験をしましょう。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年9月25日 — 6:01 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme