Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

レンタカーで車を借りて予算10000円で引っ越しをする方法

引っ越しをする際にはアート引越しセンターやアリさんマークの引越社等に引越し作業をお願いすると、どうしてもそれなりの料金が発生してしまいますので、以前都内から都内に引っ越した際も曖昧ですが10万円ほどの予算が必要になったと記憶しています。

引越し費用の10万円が高いのか安いのかについては、その人の判断になるのですが、専門業者にお願いをするとどうしても引越し費用が高くなってしまうこともありますのので、これが社会人なら別でしょうけどが学生さんや新社会人なら話は別ですね。

東京の大学を卒業して、会社員として引っ越しをする場合、学生用のアパートから会社が用意している社員用の自宅に引っ越しをする人も少なくなくて、その時はまだ社員としての月収を得ていませんので10万円の引越し代が用意できないことだって普通です。

スポンサードリンク




 

 

レンタカーで車を借りて予算10000円で引っ越しをする方法。

 

会社に内定をもらっていて就職が決まっていても、大学を卒業した直後には空白の期間が発生しますのでその間はアルバイトも既に止めてしまっていて入社式がある前に会社が指定する社宅に引っ越しをすることになるのですが、当然お金の余裕がありません。

引越業者に依頼をして都内から都内への引っ越しあっても10万円位の予算を用意するのは大変難しいのですが、部屋の荷物を捨てるわけにもいかず、自分ひとりで電車で持ち運ぶことも出来ませんので、その際には多くの人が困ってしまうことになります。

この困った時に役に立つのが運転免許証とレンタカーの2トントラックであり、普通免許でもギリギリ運転できる2トントラックは引っ越しの際の荷物をほぼ1回で全て積み込み運ぶことが出来ますので、予算10000円前後で引っ越すをすることが出来ます。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

普通免許で2トントラックが運転できれば2人で引っ越しが可能。

 

予算10000円で引っ越しをするには、確実に2トントラックをレンタカーで借りるか、知り合いの会社等に借りるしかありませんが、普通免許と予算10000円位あれば、二人で都内から都内に引っ越しをすることが出来ますので、大変オトクに引っ越せます。

ただし、一人では引っ越しをすることは絶対にできませんので、友人や親族などで、二トントラックが運転できる人にお願いをすれば女性でも引っ越しができますし、予算はレンタカーを借りる際の10000円だけあれば良いので、低予算で引っ越しが出来ます。

2人必要な理由としては、荷物を運ぶのに2人必要なことと、引っ越しをする際にどちらかが車に残った状態で荷物を移動させる場合など、最低2人いないと引っ越しは難しいですし、出来れば3人いれば引越し先でも快適に引っ越しをさせることが出来ます。

 

 

引っ越しの後には軽く食事をおごりますのでもう少し必要ですね。

 

大学を卒業後に入社した会社に引っ越した際には、2トントラックが運転できない学生でしたので、レンタカーを借りることもできなかったのですが、2トントラックを用意できる社会人に手伝っていただくことになり、予算10000円で引っ越しができました。

注意点としては2トントラックを予算10000円でレンタカーで借りるには、時間が12時間以内出ないといけませんので、あまりゆっくりとは出来ませんけど、通常は一往復で引っ越しが終わりますし、最悪でも数往復で引っ越しができるので時間は大丈夫です。

後は、ガソリンを満タンにして返しますので、若干のガソリン代が追加になることと、やはり手伝ってくれた人に対して、引っ越し終了後に軽く食事をおごるくらいのお礼はしておく必要がありますので、最終的な予算は15000円位になる感じでしょうか?

自分で引越をやるのは結構面白いですし、滅多に引っ越しをすることはないでしょうし、社会人になってからの引っ越しであれば既に予算に余裕があるので引越し業者に丸投げするでしょうから、一度は自分で引越をしておくと社会勉強になります。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年9月27日 — 11:42 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme