Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

都内の家賃20万円以上の高級マンションに住む20代会社員の秘密

東京都内で生活をしている20代の普通の会社員が家賃20万円のマンションに住んでいると聞けば、そんな人いないでしょう?、と地方に住んでいる人は思うかもしれませんが、実際には都内のど真ん中の高級マンションに行けば20代の若い人が沢山います。

なんでこんな高級な都心のマンションに若い20代の人がいるんだろう?とか、親が仕送りをしているのか?、そんな感じでまさかと思うかもしれませんが、実際にその家賃20万円を超えているマンションに住んでいる若い人は親と同居などはしていません。

内情を知れば単純にどう見ても20代の若い人が単身か結婚をしている相手と同居しているだけであり、別に何らおかしい話ではないのですが、家賃が20万円を超える地方の人から見れば高級マンションになんでこんな若い人が住んでいるか気になりますね。

スポンサードリンク




 

 

都内の家賃20万円以上の高級マンションに住む20代会社員の秘密。

 

家賃20万円といえば、地方ではそのような高額な賃貸物件自体が存在しないことも普通ですし、一体いくら位の給料をもらっている20代の人なのか気になるかもしれませんが、給料自体はそれほど多くなくて月収25万円から40万円位になるでしょうか?

20代で月収が25万円から40万円といえば、相当な高給取りに感じるかもしれませんけど、東京では別にそれほど珍しい金額でもありませんし、この金額で家賃20万円以上の高級マンションに住むことは普通はできませんので、何かしらの秘密があります。

その秘密というのが、実は20代会社員で家賃が20万円を超える都内の高級マンションに住んでいる人は自分では殆ど家賃を支払っておらず、勤務先の会社が殆どの家賃を支払っていて、実際に自分で負担をしている家賃は3万円から5万円程度になります。

 

 

都内の家賃20万円以上のマンションに5万円程度の負担で住める理由。

 

都内で生活をしている20代ならそんな話は聞いたこともないし自分は家賃6万円くらいの埼玉県とか千葉県のアパートに住んで都内の会社に通勤をしているぞ!って人も居るかもしれませんが、世の中には20代で高級マンションに住んでいる人も多いのです。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


家賃が20万円以上の高級マンションであっても、実際の負担が数万円程度で5万円以下の家賃で収まるのであれば、実際には埼玉県とか千葉県のワンルームのアパートよりも家賃負担は少なくなりますので、ドラゴン桜ではありませんが知識は大変重要です。

世の中の仕組みを少し人よりも多く知っている人であれば、20代の若さで月収30万円前後であっても、家賃が20万円以上の高級マンションに負担5万円以下で住める状況になる訳ですから、そのような会社に積極的に転職をしていけば良いだけの話です。

 

 

大きな家賃負担をしてくれる会社はそれを公に公開していないのです。

 

転職サイトをや転職エージェント等の高額報酬で求人をしている企業を見ても、家賃20万円以上の都内の高級マンションに5万円以下で住める福利厚生の待遇がありますって情報はまず転職サイトや企業の公式サイトにも掲載されることはありません。

その為、知らない人が見ればどの会社に転職をすればそれほどの家賃負担をしてくれるのか全く判断がつきにくい部分もあるのですが、基本的に都内の会社で働くのであればそれなりの家賃負担は当たり前だと思ったほうが良いのではないかと思われます。

実際に私が20代のときに働いてた会社も、東京のオフィスで働く社員には都会で働く訳ですから、家賃10万円から20万円の負担をしていましたし、最低でも毎月5万円以上の住宅手当は支給している会社ばかりでしたから、補助がない会社は駄目ですね。

都内の家賃20万円を超える高級マンションに自分で住む場合は、敷金や礼金などを入れると初期費用が100万円位かかりますし、毎月の負担も大変高額になるのですが、それらのほぼすべてを会社が負担している企業も都内には結構多いのが全ての秘密です。

高級賃貸に5万円で住める福利厚生の企業に転職するメリット


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年10月12日 — 3:09 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme