Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京に観光に来た際に意外に役立つ乗り捨てレンタル自転車

最近、東京都内で増えているのが1回100円位で利用できるレンタル自転車であり、結構いろいろな場所に自転車置き場が設置されていて、利用する際にもSUICA等で簡単に利用できること料金が安いこと、乗り捨て出来ることなどから利用者が増えています。

実際に東京都内を移動してみればわかりますが、自転車があれば簡単に移動できるような場所でも電車で移動をすると駅まで歩いて大回りをしないといけないなどの状態になることも多く、タクシーなどは料金が高くてアレなので自転車は結構便利に使えます。

ただ、自転車は自分で持っていいけない乗り物ですから、その需要を見越してレンタル自転車乗り場が多く作られていて、同じグループの自転車置き場ならどこにでも乗り捨てが出来るようになっているので、都内を移動するならレンタル自転車もありですね。

スポンサードリンク




 

 

東京に観光に来た際に意外に役立つ乗り捨てレンタル自転車。

 

現在、レンタル自転車は都内23区全域に広がってきており23区内ならどこでもレンタル自転車が用意されていますので、後は事前に会員登録をしておけば、自転車置場に料金精算用の端末があるので、それを使って誰でも簡単に利用できるのがメリットです。

レンタル自転車を貸し出した後は、同じグループの自転車置き場に乗り捨てて返却が出来ますが、全く異なるグループのレンタル自転車置き場には乗り捨てが出来ませんので、事前にどこに自転車置き場があるかのチェックをしておく必要はあります。

また、レンタル自転車の特徴としては短時間なら料金は数百円で済むのですが、長時間に渡ってレンタル状態になってしまうと、料金が数千円になってしまうことも多く、レンタカーを借りたほうが安かった・・・事になりかねませんので注意が必要です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

東京は慣れていない人が自転車の運転をしにくい道路構造。

 

東京で自転車の運転をしてみるとわかりますが、地方の人がレンタル自転車を借りて運転をしようとした場合、どこを走行して良いのか結構わかりにくい道路事情になっていることが多くて、自転車専用レーンがあったりなかったり意味不明な道路が多いです。

また、東京の道路は車の交通量が大変多くなっていることもあり、地方のように下手に公道を運転していると一般の車の通行の妨害になることも少なくなくて、結構堂々と道路を運転している自転車を見ることがあるのですが、見ていると大変危険ですね。

これは、東京都や国の政策に大変な問題があり、自転車は歩道を走行してはいけず、公道を走行するような決まりになってしまっているにも関わらず、歩道に自転車専用レーンが用意されている歩道もあることから、結構トラブルになる事が多いのです。

 

 

都内で自転車を運転する際には保険への加入が必須と歩行者優先。

 

特に地方の人が東京で自転車の運転をする際に注意しないといけないのが、東京では歩行者優先が徹底されていて、自転車が地方のように我が物顔で歩道を運転しているとトラブルの原因になることが多く、チリンチリンのベルを鳴らすのにも注意が必要です。

万が一、自転車を運転中に歩行者と衝突をした場合、高額なフェラーリなどとぶつかった場合は相当高額な修理代が必要になることも多いですから、東京で自転車を運転する際の必須条件としては、必ず自転車用の保険に事前加入しておいたほうがよいです。

都内で増えている乗り捨ての自転車大変便利なのですが、慣れていない東京で自転車を運転するのは地方とは勝手が違うことも多くて、高額な車がそこら中を走行していますし、歩行者も多く走行レーンが分からない立地も多数ありますから、保険は重要です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年10月30日 — 12:04 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme