Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京のマンションに引っ越しをするなら二重窓がお勧め

東京に引っ越しをする場合、殆どの人が一戸建てではなくて、マンションタイプの集合住宅を選ぶことになるかと思いますが、これは別にマンションが人気というわけではなくて、東京都内では一戸建ての価格が高すぎて普通の人では家賃が払えないからです。

一戸建てでも足立区の郊外や埼玉県でしたら、毎月8万円位の家賃で駐車場付きの一戸建てもないわけではないのですが、それらの一戸建ては駅前の移動が不便な事が多いので、電車通勤をする人にとっては不便ですから、結局皆さんはマンションを選びます。

そのような理由からこれから東京に引っ越しをするのであれば、マンションを選ぶことになる人が多くなる訳ですが、その際にマンションの内覧をすることになりますので、地方と東京のマンションを選ぶ際の注意点について知っておいたほうが良いのです。

スポンサードリンク




 

 

東京のマンションに引っ越しをするなら二重窓がお勧め。

 

地方のマンションを選ぶ場合と東京のマンションを選ぶ場合、実際に東京で長期間生活をしたことがない人でしたら当然ですが、地方の感覚でマンションの内覧をすることになると、ついつい東京特有の事情を知らないため、失敗してしまうことがあります。

その、東京のマンションの内覧をする際に是非チェックしておくべきのが、マンションの窓が二重窓になっているかどうかであり、最近の新しいマンションでは二重窓になっている事が多いのですが、レオパレスのような作りが悪いアパートにはありません。

東京で二重窓のマンションが多い理由はとても簡単で、屋外の騒音が大変多いからであり、特に駅が近い立地条件のマンション、幹線道路沿いや首都高速道路の近くにあるマンションでは、2重窓になっているかどうかで全然室内の騒音が変わってくるのです。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

JRの路線の近くや駅の近くは騒音が想像以上に大きいのです。

 

駅に近いとか線路に近いとか、近くに首都高速道路が走っているとか、そんな立地条件はないだろう?と思うかもしれませんが、閑静な高級住宅街と呼ばれている広尾や代官山などを除き、実際に東京にはマンションの近くに線路や首都高があるのは普通です。

それの騒音は想像以上に大きくて、汐留などはその代表的な立地ですが、周辺に数多くの駅やあったり、首都高速道路が目の前にある場合は、二重窓にしていると騒音は殆ど気にならないのですが、窓を開けているとかなりの騒音が発生してしまいます。

個人的にこれまで一番騒音が酷かったのが、駅のアナウンスの騒音とそれに合わせて5分おきにやってくる電車の騒音であり、朝の五時位から夜の12時過ぎまで引っ切り直しに騒音が発生することになりますので、これでは2重窓じゃないときついですね。

 

 

東京で地方並みの静かな住宅を選ぶなら高級住宅街になります。

 

東京には富裕層と呼ばれている人たちが好んで住居を構えている、閑静な住宅街と呼ばれている地区があり、代官山とか広尾とか、南平台とか色々とありますが、それらの住宅地の家賃はとても高い物件が多く駅から離れている普通の人には不便な立地です。

駅から離れていて首都高速道路も近くにないので、閑静な住宅街と呼ばれていて、高額な家賃の低層マンションが沢山建てられていたり、豪邸が建てられていたり、固定資産税払うの大変だろうな?と感じる富裕層が好む住宅地になっていることが多いのです。

普通の人はそのような高額な物件を借りることは出来ませんので、どうしても完成でない住宅街の物件を選ぶか、埼玉とか足立区等の駅からも遠くて閑静でもない受託地を選ぶかになりますので、都心でマンションを探すのなら二重窓かをチェックしましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年11月22日 — 2:02 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme