Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

家賃20万円以上のマンションに住む|一般庶民の限界金額な物件

家賃20万円の物件が理想?

東京で普通の団地のような形状のマンションで生活していると、そこら中で目につくであろう、虎ノ門ヒルズレジデンスのような、タワーマンションに住みたいと思う事がよくあります。

昼はどこから見ても目立つ超高層タワーマンション。夜は赤色灯が点滅して目立つ超高層タワーマンションですからね。

スポンサードリンク




これらの目につきタワーマンションの家賃が大抵、最低20万円位からスタートします。

ワンルームであれば、もう少し安い物件もありますし、20万円では部屋すら契約できない物件もあります。

しかし、一般的な会社員の収入では都内の20万円位のタワーマンションに住む事は殆ど出来ませんし、仮に居住しても、かなり早い段階で引越しをしないといけなくなります。

夫婦合わせて2馬力で無理をすれば、都心のタワーマンションに住めるかもしれませんが、その時間が長く続く事は殆どないでしょう。

どうしても、タワーマンションが良い場合は、埼玉県の物件を検討すれば、都内の半額程度で収まるため、予算的に問題がなくなるのですけど、そこまでしてタワーマンションに住みたい件について、一度考えたほうが良いかもしれません。

都内のタワーマンションであれば、家賃20万円が最低ランクであり、埼玉県のタワーマンションであれば、家賃8万円もあれば契約が可能な物件もあります。

 

どうしたら都心のタワーマンションに住めるのか?

家賃さえ払えば誰でも住めるのかと言えばそうではありません。必ず審査があります。

審査とは職業や収入等になりますが、これをクリアして初めて入居可能になり、最初に家賃20万円の壁が必ずやってきます。

スポンサードリンク




家賃20万でしたら、敷金等を含むと、最初に100万円位は必要ですし、これが用意できなければ引越すら出来ませんが、頑張ればそれほど難しい額ではありません。

ただ、手取りの所得から支払うには、結構もったいないと感じる人もいるかもしれませんから、その際には、経費で落とせるような環境を作っておいたほうが良いですね。

支払い家賃20万円というのは、都内の一般的な家庭が支払える、限界に近い金額になりますから、無理だと判断したら、無理に契約をし無いほうが良い物件です。

立地に関しては、結構便利な場所に物件がある事が多いので、それを考えれば便利でしょうけど、慣れてくると大したメリットではありませんからね。

 

 

本当の高級マンションは低層タイプ

東京で本当に高級なマンションは実際には派手なタワーマンションではなく、高さも5階程度の低層マンションになります。

こちらの物件に入居しようと思えば、物件にもよりますけど、都内の一等地で、誰もが気になるような物件であれば、家賃で200万円位は支払えるくらいの財力が必要になります。

最終的にこのタイプのマンションに入居するのであれば、年間の家賃だけで2400万円を超えますから経営者になるか、投資家として成功するしかありません。

また、正社員の場合は、手取りの給与から家賃を支払う事になるのですが、経営者は役員の社宅にすれば99平米以下であればほぼ全額が経費に出来ます。

もっと広くなっても、よほどのペントハウス仕様のマンション以外は50%が経費に出来ますから、儲かっていれば税金対策で高額な物件を契約するのも良いでしょう。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年4月15日 — 5:04 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme