Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

家賃20万円以上のマンションはどんな人が借りるの?

地方と東京の賃貸物件の大きな違いとして、一番特徴的なのは、やはり、その家賃の高さではないでしょうか?

地方でしたらありえない金額の家賃に設定されている物件がたくさんありますし、そういった物件も常に満員御礼状態で空き待ちといった、ちょっと考えられない状態が普通に発生しています。

毎月の家賃が100万円を超えるような物件であれば、明らかに一般的な人が住んでいるわけではなくて、経営者の方であるとか、大企業や領事館など、外国人の方であるとか、社会的地位が高いと言われている方が住んでいるのは誰にでも判断できます。

スポンサードリンク




それよりも高額な家賃が200万円以上の物件になると、殆どの場合が法人契約の節税対策物件になりますから、法人契約ができる立場の人が住んでいることになります。

ただし、あまりに高額な物件になると、豪華住宅扱いになり節税対策物件から除外されますので、日常的に居住する目的であれば、株の投資をして莫大な利益を得ている人であったり、外国人の方以外は借りること自体が難しくなります。

 

 

一般人が毎月支払える限界の家賃は20万円

 

そこで、一般の人の感覚で、なんとかギリギリ支払える家賃の限度額で考えると、家賃20万円くらいがやはり妥当なところといいますか、これ以上の支払いは無理であるといったボーダーラインになるのではないでしょうか?

毎月の支払い家賃が20万円というのは、決して安いものではありませんが、夫婦二馬力でなんとか頑張れば、一般人の方がなんとか支払える金額のほぼ上限値であり、これ以上の家賃になると、夫婦が死ぬ気で働いても、支払うのは難しいと言えます。

東京都心では、家賃10万円くらいの物件であれば、ワンルームの物件であっても、ごく普通の金額であり、特に高い物件ではありませんので、二人でシェアする感覚で見れば、20万円は単純に家賃が二倍になっただけの話です。

例えば、家賃が40万円の物件であれば、家賃だけで年間480万円ですから、税金対策で法人名義で借りている物件でなくて、税引後の所得から支払おうとすると、年収1000万円位が最低必要になってきます。

 

 

年収1000万円では家賃40万円の物件を借りるのは不可能

 

ただ、年収1000万円でしたら、手取りは700万円代ですので、家賃40万円の物件に住んでいるだけで、手取りのお金が家賃で殆どが消えていくことになり、残りの200万円前後で生活することになり、あまり現実的ではなくなります。

生活費が200万円前後もあれば十分だろうと思う方もいるかもしれませんが、年収1000万円前後の人であれば、それなりに交際費なども必要になるため、実際には100万円を下まわる生活費になりますので、簡単な話ではないのです。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


一人暮らしで、特に何もすることがない人でしたら、年収1000万円でも、その殆どを家賃の支払いに回すことができるかもしれませんが、あまりそういった奇特な人はいないようです。

 

 

年収1000万円で家賃20万円になるといきなり話が楽になります。

 

年収1000万円でしたら、手取りは700万円前後ですから、家賃20万円の物件でしたら、おおよそ500万円前後の生活費を使えることになります。

家庭を持っていて、交際費がそれなりに必要であったとしても、身の丈にあった生活をしているのであれば、年間500万円の生活費があれば、特に困ることなく、普通以上の生活を過ごすことができます。

よって、家賃20万円のマンションに住んでいる人については、世帯年収が1000万円前後の人であり、状況によっては、世帯年収800万円前後であっても、普通に生活が可能であると言えます。

東京でしたら、20代の会社員の方でも、年収500万円以上などは普通にたくさんいらっしゃいますので、特に難しい話ではないのですが、地方の感覚でいえば、年収300万円でも高額所得者扱いですから、ちょっと理解が難しいかもしれません。

 

 

実際に東京の会社に転職をすれば状況が詳しくわかります。

 

東京の会社で年収が300万円の会社自体、簡単な単純労働のような仕事であり、別に東京でなくても良いのでは?と思えるような業種ばかりですから、一般的な東京の会社であれば、年収500万円前後は普通に得ることができます。

実際に、家賃が20万円前後のマンションに住んでみると分かりますが、車も普通の国産車が圧倒的に多くて、住んでいる人も、ごく普通の家庭の人ばかりです。

ただ、家賃が10万円前後の物件と比べると、全体的に民度が高くて、挨拶をするのは当たり前といった感じですし、駐車場のマナーも大変良いですから、より家賃を払う分、快適な暮らしができることになると言えます。

とりあえず、会社員の方で年収500万円以上でしたら、家賃20万円のマンションに住むことはできますし、契約することもできますので興味があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

実は年収300万円の20代会社員でも家賃20万円のマンションに住む方法があります。

都内の家賃20万円以上の高級マンションに住む20代会社員の秘密


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年10月12日 — 3:12 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme