Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で女性が安心して下着を捨てる方法|お台場のマンション

地方で生活をしている場合、年頃の女性が一番気を使うのが、使わなくなった下着、古くなって痛んだ下着を、ゴミとして処分することではないでしょうか?

年頃の女性であれば、その下着の扱い方は、本当にシビアなものがありますからね。

最近では、中身が見える透明のゴミ袋でないと、ゴミの回収車がゴミを持って行ってくれませんし、中身が見える訳ですから、そのままブラジャーなどの下着を捨てていると、中身が他人に見えてしまいますから問題があります。

スポンサードリンク




特に色付きの下着であれば、他のゴミに混じっても大変目立ちますから、出来ればなんとかしたい所なのですが、その場合の対策としては、ハサミで切り刻んでなるべく粉砕してから処分するといった方法をとられている方が多いのではないでしょうか?

ご近所さんにゴミとして出した下着を見られたくないですし、余計なトラブルにもなりたくない訳ですから、極めて妥当な処分の方法です。

派手な下着をそのまま捨てていると、ご近所からどのようなウワサ話を広められるかわかったものではありませんからね。

下着の場合は、上着などとは異なり、古着を他人にあげるといったリサイクルのような処分方法が行えませんし、貰う方も他人の使った下着のお古などは兄弟であっても使いたいとは思わないものです。

 

結局、下着を処分するときは、ゴミとして処分するしかない訳です。

そのため、ゴミの回収車がゴミとして回収するしか捨てる方法がない場合は、下着を切り刻んで、他のゴミに紛れ込まして処分するといった方法が一般的に取られます。

地方であれば、そのままご自宅でドラム缶などに入れて燃やす人もいるかもしれませんが、それはかなりの田舎で広い土地がある場合だけですから、地方であっても都心部の人であれば難しい処分の方法です。

地方であっても、普通の住宅地などの場所であれば、ゴミを自宅の庭で燃やしていると、ご近所からクレームが来るでしょうし、色々と問題になってしまいます。

そんな女性であれば、深刻な悩みの問題を簡単に解決してくれるマンションというのが、東京には存在していますので、それをうまく利用すると、絶対に他人に下着を見られることもなく、安心安全に処分することが出来るのです。

これ程、便利なものはありませんから、東京で生活を始めるのであれば、是非とも検討しておくと便利です。

 

東京で女性が安心して下着を捨てることができるマンション。

では、東京だったらどこでも安心して下着を捨てることができるのかといえば、基本的にゴミ回収車が決められたゴミ捨て場からゴミを回収する仕組みであれば、地方と全く同じです。

しかし、東京では、ゴミの回収車が一切こないといった物件があるのです。

まあ、燃えるゴミに関してゴミの回収車が来ないだけであり、空きカンや空き瓶、粗大ゴミなどの燃えないゴミに関しては、定期的に回収車がやって持っていくのですが、燃えないゴミに関しては、本当にゴミの回収車が回収しないのです。

スポンサードリンク




なぜそんなゴミの捨て方が可能かといえば、燃えるゴミを処分すると、そのままゴミ焼却施設まで自動的に運び込まれるので、そのまま焼却処分されるといったとても便利な仕組みになるのです。

大抵、この類の物件は、マンションの中に共有のゴミ捨てスペースがあり、そのスペース内に燃えるゴミ専用のダストボックスがあって、その中に燃えるゴミを捨てれば、勝手に焼却施設にゴミを運んでくれます。

そのため、捨てたゴミを他人に見られることもありませんし、下着を切り刻んで捨てないといけないといった煩わしい問題が発生することもありせん。

大変よくできたシステムですが、この画期的なゴミ処分方法に対応している地区は、最近街全体が再開発されたような地域だけであり、例を出して言えば、お台場の物件がその代表格にあたります。

あまり知られていませんが、街全体が再開発されているお台場の地下には、巨大なゴミ専用の通路があり、すぐ近くの有明のゴミ処分場が巨大な掃除機でその地下のゴミを吸い込んでいるような状態になります。

お台場のように個人宅が一切なくて、巨大なマンションタイプの物件しかない地区だからできるこの方法は、他の地区でやろうと思っても到底無理な話ですね。

なにしろ、一軒でも個人宅があるような地域であれば、相当なコストがかかりすぎてしまって、このようなゴミ専用の焼却システム自体できませんし、ゴミの焼却施設も近くにないといけません。

お台場であれば、安心して女性が下着を捨てることもできますので、東京に引っ越す場合は、是非検討してみても良いかもしれませんが、通勤や通学には大変不便な場所になります。

生活をするにしても、車がないと移動が不便ですから、あまり良い場所ではありません。

 

お台場は家賃が高いので無理?といった女性のために!

 

確かに、お台場のマンションを契約すれば、安心して下着を捨てることができるようになるのですが、家賃が最低でも10万円以上は確実にしますし、10万円台の家賃の部屋自体がなかなか開かないといった事情があります。

そのため、ゴミの処分だけを考えると良いのですけど、自分で借りるとなったら、ちょと難しいといった人の為の方法として、お台場地区に友人を作れば良いといった方法があります。

その友人のところに遊びに行く際に、ついでにゴミを捨てて貰えば問題ありませんし、友人の自宅から出た個人のゴミであれば、特に法律上や規約上の問題もありません。

ただ、勝手にお台場の物件に侵入して、そこでゴミを捨てようと思っても、専用のセキュリティキーがないと、ゴミを捨てるダストボックス自体が開きませんので、捨てることはできません。

また、部外者がそれをしようとすると普通に犯罪になりますのでご注意下さい。

家賃的な問題、場所的な問題を考えると、お台場は適切でないと感じた人であれば、とりあえず一人で良いので知り合いを作っておくと便利かもしれませんね。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年5月31日 — 5:24 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme