Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

UR賃貸の騒音トラブル|その解決方法はその部屋から引っ越す事のみ

別に東京に限った事ではなく、日本全国どこで生活をしていても発生する可能性がある生活における重大な問題として騒音問題があります。

特にマンションなどの集合住宅でなくても同様ですから、一戸建ての物件であっても騒音問題は発生するのですが、壁一枚を隔てて密接している集合住宅の方が、騒音問題が発生する確率はより高くなります。

六本木ヒルズレジデンスのように防音効果に優れたマンションであったり、ベルジュ三田のように、そもそも壁が隣の部屋と隣接していないマンションであれば、余程のことがない限り騒音問題は発生しません。

スポンサードリンク




騒音やプライバシーを気にする方であれば、田町駅すぐ近くのタワーマンション、ベルジュ三田は都内でもかなり変わった造りの物件ですし、庭も付いていますから検討しても良いかもしれません。

ただし、家賃は200万円前後に設定されていますし、その場所が田町ですからいくら駅に近いと言っても、このクラスのマンションを契約する人の場合は殆ど意味がありませんので、200万円払うのであれば六本木ヒルズや東京ミッドタウン、虎ノ門ヒルズを選ぶ人も多いようです。

そもそも、家賃が200万円クラスの物件であれば、相当しっかりした造りになっていますので、一般的なマンションと比べても騒音問題はより発生しにくくなっています。

そちらの騒音問題について、一般的な収入の人が契約できる限界家賃を全て網羅しているUR賃貸という物件があり、連帯保証人も必要ないし、資産さえあれば無職でも暴力団でも外国人でも契約できるといった民間では見られないサービスを展開しています。

建前上は暴力団関係者は契約できませんとありますが、UR賃貸に行けば、高額な物件になる程暴力団関係者もいますし、宗教団体の関係者もいますが、そちらについては、その他の更に高額な物件でも同様ですから、運悪くそのような物件に当たったら仕方がないと諦めるしかありません。

 

お金さえあれば誰でも契約できるUR賃貸の騒音トラブルは全て自己責任

 

民間ではあり得ない、お金さえあれば誰でも契約できるといったサービスを展開しているUR賃貸になるのですけど、それを逆に考えれば、何かトラブルが発生した場合は全て自己責任で解決しないといけないことを意味しています。

一応、管理事務所はありますが、民間と比べてもあまり積極的な対応はしてくれませんし、例えば自転車が盗難にあった際に、UR賃貸では監視カメラを設置してある物件が多いのですが、それが正しく利用されていないことも日常茶飯事です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


誰でも契約できるUR賃貸ですが、別に暴力団に限らず、誰でも契約できるわけですから、昼と夜の生活が逆になっていて、普通の民間の物件は大変契約するのが難しい夜の商売をしている人たちも沢山います。

その際に生活音的な騒音が発生してくると、多少の小競り合いくらいのトラブルになることがあるのですが、夜中に大音量でテレビを見たり、音楽を流したり、ひどい場合はギターを弾いたりドラムを叩いたりしている輩も出てくることになります。

UR賃貸では夜中にギターを弾かないでください、ドラムを叩かないでくださいといった張り紙が普通に貼られていますので、内覧に行った際には、建物や部屋だけではなく、そういった張り紙も見ておくと良いでしょう。

自分が入居する前にそういった騒音を出している輩がいる部屋を見分ける方法は簡単で、その周辺の部屋が一斉に空き部屋になっていることが多いですから、そちらで判断することも可能です。

 

UR賃貸で発生した騒音トラブルの解決方法は引っ越すのみ

 

誰でも契約できる物件なわけですから、一定確率で一般常識のない人たちもそれなりに入居してきますので、そのような相手が騒音トラブルを起こしている場合、管理事務所に相談をしても殆ど何もしてくれません。

せいぜい、張り紙や対象人物の部屋に手紙を投函するくらいですから、それで騒音を納めるような相手であれば、最初から騒音問題自体を引き起こすことはありません。

このような騒音問題のトラブルに関しては、民間の管理事務所であっても同様にあまり真剣に対応してくれないケースもあるのですが、UR賃貸の場合は極端に質の悪いような輩でも契約できる性質上、更に厄介になることが多いのです。

口頭で近隣の騒音を出している住民に騒音をやめるように注意をした場合、何かしらの重大なトラブルが発生してきてくることも考えられますし、やはり怖くて直接注意ができないこともよくあります。

その場合、管理事務所が全く当てにならないわけですから、対応策としては自ら別の部屋に引っ越すか、完全に他の物件に引っ越すかの選択をした方が無難です。

UR賃貸の場合は、同じマンション内の他の部屋に引っ越しても敷金が殆ど帰ってきますから、それほど負担にはなりませんので、皆さんそうやって騒音の対策をされている方が多いようです。

UR賃貸の物件特有の、騒音を出していいる輩の部屋周辺の部屋だけ、一斉に空き部屋になっている状態を見れば、どのように解決しないといけないかは一目瞭然ですね。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年7月1日 — 5:20 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme