Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

UR賃貸にペットのトラブルが多い理由と原因|違法ペット問題

前回の続きになりますが、東京都内の賃貸マンションというのは、その殆どがペット禁止物件である事が多く、森ビルが管理をしている六本木ヒルズレジデンスなどの高額なマンションクラスでなければ、ペットの飼育はとても難しいのです。

また、一般的な価格帯にて、ペット専用のマンションも都内には物件として存在していますが、住所が不便な場所にある事が多い事や、その棟数自体もそれほど多くない為に、常に空き待ち状態になってしまい、なかなか部屋そのものが空きません。

これでは、分譲タイプのマンションを購入しない限り犬や猫などのペットはマンション内で飼育できない事になるのですが、都内の公園などを歩いていると、沢山の人が犬を連れて散歩をしている風景をよく見かけます。

スポンサードリンク




明らかにペットの飼育が禁止されているマンションから、ペット用のバックやベビーカーなどに犬を隠して庭までいどうして、そこから犬に首輪とリードをつかて堂々と散歩してるような人も見かけます。

 

ペット禁止マンションでペットが飼育できる理由。

 

そこで疑問に思うのは、ペット禁止のマンションでどうやってペットを飼育してるのか?といった話になるのですが、それは単純に規約に違反してペットを飼育している人が沢山いるだけの話です。

そのようなマンション契約時の規約に違反して、堂々とペットを飼育している人も沢山いるのですが、当然ながら同じマンションで生活をしている色々な人とトラブルに発展していて、あちこちで問題になっています。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


民間のマンションであれば、管理事務所がそれなりの対応をしている場合が多く、騒音問題でしたらスルーしているような会社であっても、ペット問題になると結構真剣に対応してくれる事があります。

ペットの飼育は部屋も痛みますし、エレベーターなどで鉢合わせた際の問題、アレルギーや鳴き声などの騒音の問題など、いろいろと余計な問題を引き起こしますから、死活問題になるからです。

 

UR賃貸での違法ペット飼育問題は大変重要な問題。

 

その中でも、保証人不要で職業不詳でも外国人でも契約できる、家賃35万円以下では最強とも言えるUR賃貸の違法ペット問題は大変深刻であり、民間の賃貸マンションとは比較にならないくらい、沢山の違法ペットを飼育している人がいる事をご存知でしょうか?

実際に、UR賃貸の物件の内覧に行けば分かりますが、どこにいってもペットの飼育は禁止といった張り紙がそこら中に貼られていて、建物は立派でも品がないといいますか、管理がいい加減である事がよく分かります。

UR賃貸でも高額な家賃に設定されているアクティ汐留などでも普通にペット禁止の貼り紙が貼られていて、堂々と違法ペットの散歩をしている人すらいる始末です。

UR賃貸は、確かに都心の利便性の良い場所に沢山のタワーマンションなどの物件を保有していて、森ビルなどの虎ノ門ヒルズレジデンスなどと比べると安い物件ですが、それでも家賃は20万円以上が普通のような物件です。

家族で生活できる間取りの部屋であれば15万円以上は当たり前ですから、激安物件であるという訳でもありませんし、建物自体もしっかりしている物件が多いのですが、UR賃貸での違法ペット問題は本当に多いんですね。

その理由と対策については次回でご説明します。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年7月4日 — 1:35 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme