Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

UR賃貸の予約申し込み代行業者の実態と利益の仕組み

東京に引っ越す場合、大凡家賃35万以下の物件であれば、最初にUR賃貸を検討してみたほうが良いのは皆さんご存知のとおりだと思いますけど、ネットでUR賃貸を検索をしてみるとUR賃貸の予約代行業者を名乗るサービスが沢山出てきます。

それをみて、UR賃貸の物件を扱っている不動産業者等がいて、その不動産業者が扱っているUR賃貸の物件を優先して斡旋しているようなイメージがあるかもしれませんが、UR賃貸は通常、民間の不動産業者が扱っているような物件ではありません。

UR賃貸の公式サイトを見ればわかりますが、UR賃貸の予約代行業者とは一切関係ありませんと書かれていますので、それらの業者は勝手にUR賃貸の物件の予約を代行して手数料を請求しているだけである事を理解してから利用するなどをしたほうが無難です。

スポンサードリンク




基本的に、UR賃貸というのはUR賃貸の窓口であるとか、UR賃貸の公式サイトのみで扱っている特殊な物件であり、民間の不動産会社が扱っている物件ではありませんので、その辺の不動産業者のサイトや営業店舗で掲載されるものではないのです。

 

 

UR賃貸の予約申し込み代行業者の実態と利益の仕組み。

 

では、UR賃貸の予約申し込み業者の実態はどのようなものであるのかと言えば、単純に依頼者の名前でUR賃貸に空き部屋の確認や予約をして、それで希望する部屋があったら仮予約や内覧の手配をしているだけであり、別にUR賃貸の物件を扱っている訳ではありません。

何故そのような便利屋みたいな事をやっているのかと言えば、UR賃貸というのは、空き部屋の内覧や予約は全て先着順になっているため、部屋が完全に空いてネットに掲載される時にはもう、次の希望者が押さえている状態になってしまうことが多いからです。

スポンサードリンク




UR賃貸の人気のあるへやが全然あかないのはそのためであり、希望するUR賃貸の部屋を契約するためには、毎日のようにUR賃貸の営業所に電話をするか直接出かけて、これから空き部屋になる部屋、工事中の部屋を予約している人がいるからです。

知らない人も多いんですけど、UR賃貸の公式サイトに空き部屋として掲載されるのは、前入居者が完全に退去した後に、部屋の工事が終わっていつでも新しい入居者がそこに引っ越しができる状態になった場合であり、人気のある部屋はそうなる前に殆どが次の入居者に押さえられているのです。

 

 

本来はUR賃貸が本人以外からの予約申込みはさせないべきです。

 

UR賃貸の本来の目的から言えば、より良い住居を国民に提供するため、多額の税金を使って運営されているはずなんですが、予約の代行業者などが沢山でてくると、普通に部屋を借りたい人が希望する部屋を中々借りれないといった状態になってしまいます。

アクティ汐留の最上階などもそうなんですけど、ネット上で空室になることは殆どなく、前入居者が退去するのが決まった瞬間に、毎日のようにUR賃貸に電話をしているような予約代行業者がそれらを商売で押さえてしまうと、本当に借りたい人が借りれないと言った状態になってしまいます。

ですから、これらはUR賃貸側が改善していかないとどうにもならないんですけど、予約代行業者を利用するよりも、自分の足でUR賃貸の営業所にいって、色々と相談をしたほうがその物件のことがより分かってくることも多いので、予約代行業者を利用する際には、一度UR賃貸にそのことを相談してから決めておいたほうが無難です。

予約代行業者と言った仕事がなりっている事自体、相当の需要があるということですから、それで部屋を借りたくても借りれない人が出てくるのであれば、そちらの方が問題になりますからね。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年3月7日 — 1:34 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme